2013/10/20

深大寺と神代植物公園のバラフェスタ

先日の3連休、どこかへ出掛けようということで神代植物公園のバラフェスタに行くことに。

Img_5349

深大寺周辺はお蕎麦が有名なので、お昼ご飯はお蕎麦屋さん「味の陣屋」へ。
私は穴子天付きのお蕎麦を、彼はとろろ蕎麦を注文。
お蕎麦は細切りで素朴な味、甘めのつゆにとてもよくあって美味しかった。
天麩羅は、穴子がふわっとしていて甘かった。

Img_5351

すぐに植物園に行くつもりだったのだけれど、彼が深大寺にも寄ってみようというのでそちらの方へ。
鬼太郎がハロウィンバージョン。

Img_5352

鬼太郎茶屋の壁には、鬼太郎たちのイラストが。
建物自体も風情があってよい感じ。

Img_5354

お店の裏にも、妖怪たちが。
鬼太郎茶屋以外も、深大寺周辺はまるで温泉街のようにお店が並んでいて楽しい。
東京なのにすごく遠くにきたみたい。

深大寺にお参りしたり、お団子を食べたりした後、神代植物公園へ。
バラフェスタへ行くのは久々。
(以前の行った時の記事:「神代植物公園:秋のバラフェスタ(1)」 7年も前だ。)

Img_5355

バラフェスタといえば…薔薇ソフト。
しっかり薔薇の香りがして、彼は香りが強いな〜と言っていた。
私は香りはそんなに気にならなかったけれど、結構甘さがしっかりだったので、二人で半分こにして丁度よかった。

Img_5357

いよいよバラフェスタへ。
あの神殿みたいな建物は何をイメージしているのかしら。
日本っぽくないのですよね、ここ。
パリのリュクサンブール公園とか思い出す。

Img_5363

様々な色の薔薇たち。

Img_5366

鮮やかな黄色が眩しい。

Img_5370

アンネ・フランクという名前の薔薇。
ベルギーの園芸家ヒッポリテ・デルフォルヘ氏と息子のビルフリート氏が、アンネの父オットー・フランク氏に会った時にアンネの為にと捧げ、後に「Souvenir d'Anne Frank アンネ・フランクの形見」という名前で発表されたもの。
オットー氏は後にそれを親交ができた日本の合唱団に送り、それが日本に広まったのだそう。

Img_5374

清楚な薔薇。

Img_5384

艶かしい薔薇。

Img_5391

ピンクに黄色がぱっとさした、かわいらしい薔薇。

Photo

薔薇はやっぱり空に映える。

Img_5393_2

この日の夕暮れが、本当にきれいだった。
雲の隙間からは天使の梯子がおりて、濃淡豊かな雲が空を絵画のように彩り。
広い広い空がどんどん表情を変えていく様に二人ともみとれた。
植物公園は邪魔な建物がないからすごく大きなスケールで空を感じることができる。
本当に気持ちのいい一日で、感謝の心でいっぱいになった。

Img_5403

バラフェスタで10本1000円で買った薔薇。
二カ所にわけたうちの、これは玄関の薔薇。
既に開いてしまったものばかりだったので長持ちしなかったけれど、束の間ゴージャスな部屋になったのでした。

| | コメント (0)

2013/03/26

夜桜花見

2013_f1

桜があっという間に咲いていってしまったので、先日夜桜花見へ行った。
会社帰りでお弁当をつくることができなかったので、コンビニで日本酒とおでんを買って、しんと静まりかえった公園へ。

昼間の桜は人をふんわりと包んでやさしく明るい気持ちにさせてくれるけれど
夜の桜はひゅっと掴んで離さない魔力がある。
どちらの桜も好きだけれど、好みでいえば夜桜かも。
人が殆ど居ない夜の公園で向き合う姿が、本当の姿のような気がしてしまう。

貸し切り状態の桜の前で、とりとめもない話をしながらおでんをつまみつつ日本酒をごくごくという贅沢。
昼間の大勢でするお花見とは全然カラーが違う、桜の美しさが濃く刻まれるお花見だった。

2013_f2

花って、そのひとつひとつがすごいエネルギーを持っていると思う。
あれだけ密集して花を咲かせている桜が華やかにエネルギーに満ちているのは、当然のことなんだろうな。
本当に特別な花だと思う。

そんなエネルギーを身体いっぱい浴びられるこの時期、散ってしまう前にたくさん見に行こう。

毎年桜の時期によく観る、「四月物語」。
光に溢れた桜や新生活のはじまりの不安と期待の入り交じったくすぐったい感じを思い出させてくれるところが好きな作品。
武蔵野の奇跡もいいな。かわいい。



四月物語

| | コメント (0)

2013/02/03

混ざりきらない色

Fl_01

先日、風邪がなかなか抜けず気持ちも弱っていたので、花を買った。
花弁がひらひらとして、赤と黄の2色で彩られたチューリップ。
はじめ少しくたびれている花を選んでしまったようで、お店の方が親切に元気な花を選び直してくれた。

身体が弱っている時は、思考にも余剰がなくて。
仕事のデザインとか、ねばならぬことは黙々と出来るけれど
外側から刺激を受けぬことに関しての自由思考が全然できなかった。
頭の中がみっちり固くなって、振動が起こせないから何も生み出せない、ような。
もし毎日あんな感じだったら人生つまらないだろうな。
でも、日々考えごとをするようなことがない人っていうのは、常にああいうコンディションだったりするのだろうか。

思考の幅だけ、人生は彩られる。

ああ、早く今抱えている別件作業を片付けて
自由な創作をしたい。

| | コメント (0)

2012/10/10

赤い襞

Img_2884

一寸弱っている時に花を買った。
強さといたわりが共存していそうな、真っ赤なカーネーション。
複雑に波打つ襞の隙間にはぎゅっと濃いものが身を潜めていそうだからか、花弁の多い花にはどこか凄みや深みがある。

花言葉は知らなかったのだけれど、愛情の花だった。

| | コメント (0)

2012/05/05

夜の花

Img_1486

どんな変化が起ころうと
どんな変化を起こそうとしていても
満ちている限り、きっと怖くはないのだろう。
大抵の恐怖は変化の末の空白に対して起こる。
何も書き込めない、ただただ広がる目が眩むような白。
染められるのに躊躇するのは自分自身。

インスタント的に結果がでるようなものははじめから何かわかりやすい欲求のためにしか存在しないようなお手軽なものであって。
そうではない自分の身体を芯からつくりあげるようなものは一朝一夕でわかるようなものであるわけがなくて。
でも皆見えない未来に不安を抱える。
わからない=自由であるということも忘れて。

今の私は。
欠落しようと、常に空間に心地よい何かが満ちていて。
なんだかほんとうに日々感謝だ。

今年はたくさん絵を描こうと思っている。
展示をするんだ、必ず。
やっぱり私は何かをつくるくらいしか能も目的もないのだからそこに打ち込めるうちに打ち込まなくては贅沢だ。

| | コメント (2)

2012/03/05

色水

Img_0892

よい音を聴いて細胞が揺らされた時に。
よい作品を観て視線が釘付けになった時に。
ああ先刻まで私は冬眠していたなと思う。
音とアートのアプローチの仕方は違うけれど、触れることは変化を受け入れるということでもある。
多分完全に満ち足りている人は何の刺激もいらないはずでそうしてそんな状態になったらそのまま朽ちてしまうんじゃなかろうか。
生きている限りみんな何かが足りないってことにもっと安心したらいいのだと思う。

長かった髪をばっさりと切った。
先刻まで自分の一部だった細胞たちが、あっという間にただのゴミになった。
春が近付いた。

| | コメント (0)

2011/09/25

夜にも咲く

Ag_01

※先月撮った花

人は。

変えようと思えば如何様にも変化していけるのだから。
定義づけてはいかん。
可能性の種の量はもの凄い。

| | コメント (0)

2011/04/16

照射

Img_4914

考えて考えてわからなくなっちゃっても。
とりあえず触手は光の方に伸ばす。
桜はたくさんの光に包まれている。

動くと。
風とか波紋とか。
何かが必ずほんの一寸でも揺れる。
花弁が、はらりと落ちる。

欠損は。
欠けたところを盛り上げようという理由なのか、創作のエネルギーを良くも悪くも齎すから。
よくわからなくなったら、とりあえず様々な衝撃の吸収とアウトプットとにつとめればよいのかもしれない。
描くこと書くことつくること。

| | コメント (0)

2011/04/02

包む

Img_4911

私のイメージを伝えてつくってもらったのだという花束をもらった。
くすんだアンティークっぽいピンクや、乳白色に紅がさした薔薇たち。

甘藍のように密集した無数の花弁。
丁寧に丁寧に何かをぎゅうっと守っているようで。
それでいてきちんと美しい。

私は何を守っているのかな。
何に守られているのかな。

| | コメント (0)

2011/03/28

光、認識、空間

Img_4877

青い空を見上げた時。
星がたくさん瞬いていた時。
美しい音楽を聴いた時。
過ぎ行く景色を車窓から眺めている時。
あてもなくずんずん歩を進めている時。
無心に絵を描いている時。

ふっと、軽くなる。
だだっ広い空間にただ在るという意識だけしかなくて、そうして忽ち霧のように散らばって溶け込んでしまう。

時間や繋がりや何もかもが、遠くなって消え去ってそうしてただただ開いている、という感覚だけが。残る。

そういう感覚って。
くるくるくるくる変わるから。
自分の形や位置が何だかよくわからなくなる。

昨日見たあれは幻や夢だったのだろうか、というくらい。

それでも感覚が都度きりりと敏感に捉える。
輪郭を、匂いを、感触を。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧