グルメ(渋谷)

2009/09/10

スパイラルカフェ「文庫本セット」

Spc_02

先日、ずっと気になっていた「スパイラルカフェ」の「文庫本セット」をためしに行って来た。
休日にこのために行くよりは会社帰りにぷらりと行きたいなと思っていたら、気になり始めてから数ヶ月経ってしまっていたけれど…。

「文庫本セット」とは、スパイラルと、ブックセレクトを手掛けるNUMABOOKS ブック・コーディネーター内沼晋太郎さんとのコラボ企画。
内沼さんセレクトの5タイトルの文庫本 (月替わり)と好きな飲み物とがセットになる。
セットで1,200円って高い気もするけれど、スパイラルカフェは珈琲一杯790円なのでまぁそんなものかなっていう感じ。

Spc_01

こんなかんじで、5冊が紹介されている。
どれにしようかな…。
私が行った時のラインナップは以下。

1 川上弘美
  『センセイの鞄

2 長嶋有
  『泣かない女はいない

3 ジュンバ・ラヒリ
  『停電の夜に

4 吉田篤弘
  『つむじ風食堂の夜

5 ジャン=フィリップ・トゥーサン
  『テレビジョン

メニューを捲ると、それぞれの本の簡単な特徴と、書き出しの数行が掲載されている。
1番だけは読んだことがあったのでそれ以外で検討。
2番と4番で迷って、結局2番にした。
書き出しのピサの斜塔の描写にひかれたのだ。

後で知ったのだけれど、4番はクラフト・エヴィング商會の物語作家による長編小説だそう。
クラフト・エヴィング商會は数年前に一寸はまって、「どこかにいってしまったものたち」などうちにも数冊本がある。
暫く読み返していなかったことを思い出した。
空想に美しい魔法をかけて閉じ込めたような、独特の世界観。
今度久々に読み返そうかな。

Spc_03

文庫本は、ケーキのようにきちんとお皿に載せられて出て来る。
「さぁ召し上がれ」という雰囲気がいい。
オリジナルのブックカバーにはちゃんと文庫本のタイトルと作家名が印字されている。
オリジナルの栞もつけてくれたらパーフェクトだったのに。惜しい。

Spc_04

飲み物はカプチーノにした。
泡がきめ細やかでとても美味しかった。

今まで、スパイラルでお買い物をしたことはあってもスパイラルカフェにはいったことはなかったのだけれど、ゆったりとしてとても居心地が良く、読書向きだった。

長嶋有さんの作品は、過去に「サイドカーに犬」と「猛スピードで母は」を読んだきり全く読んでいなかったので(もう7、8年くらい前だ)きっと自分で本屋さんに行ったとしても手にとらなかったであろうと思われる。
自分だったら選ばないであろう作品と出会えるのが、この文庫本セットの醍醐味。
そうそう、「猛スピードで母は」はまだたしか持っていたので、また読み返してみよう。
ちなみに今回選んだ「泣かない女はいない」は既に読み終わっているので、今度感想書きます。

普通なら、カフェで本でも読もうとなればまずは本屋さんに行かないといけないけれど、カフェで本選びも出来て一石二鳥。
期間限定と言わず、常設メニューにして欲しい。
普段本をあまり読まない人が読むきっかけにもなりそう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/10/06

Decadence du Chocolat (デカダンス ドュ ショコラ)の甘い夢

D_choco

ピエール・エルメ氏の弟子だったというステファン・ヴュー氏のお店Decadence du Chocolat (デカダンス ドュ ショコラ)のチョコレート。
「日本とフランスの融合を、小さくてデリケートなチョコレートの中に鮮やかに表現」しているそう。

代官山と渋谷マークシティ内にあって、私が訪れたのはマークシティ内のお店。

先日、明大前から井の頭線で吉祥寺に向かうはずが、何を間違えたのか渋谷に行ってしまった私。
昔から、読書に熱中していたりぼーっとしていたりして逆方面の電車に乗る事が何度かあって・・・。
あとは、降車駅は各駅じゃないと停まらないのに特急に乗っちゃうとか。
そんなわけでせっかく渋谷まで出たから、甘いものでも買ってかえろうと思って立ち寄った。

店構えが上品で素敵。アクセサリーとか売っていそうだもの。
「一粒からご注文いただけますからね」と、お姉さんも親切。

4粒買って、1日1粒味わって食べる。
美味しい1粒が冷蔵庫にはいっているって思うと、なんだか嬉しくなる。
口の中で美味しいチョコレートが融ける瞬間って、「幸せ」の一言につきる。
大抵の女の子はみんなチョコレート好き。
実際、悲しい気分がチョコレートで回復するっていう実験結果もでているそう。

日本チョコレート・ココア協会のサイトで、チョコレートの歴史なんかがわかって結構面白い。
偉いよチョコレート。
いてくれてありがとう。

今週また体調不良っ子だった私。
停滞しているように見えて、日々は流れ週末にさしかかっている。
そんな週もあり?

応援のクリックおねがいします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/07

カフェ「BEAMS TIME CAFE」(渋谷)

先日、渋谷のBEAMS内「TIME CAFE」で友人とお茶をした。
期間限定でフィンランドプレートというのがあったので、それを注文してみた。

P1010396P1010397P1010398_1
サーモンやらジャガイモやらミートボールやらで結構ほんわかあったか美味しかったし、なによりムーミンマグで提供される珈琲がかわいい。
友人のは色柄違いのブル−のマグだった。

フィンランドって一度行ってみたい。
=================
TIME CAFE
TEL:03-5458-4549
住所:渋谷区神南1-14-7 2F
HP
=================

ムーミンかわいいなぁと思った方はクリックお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/04

アイミティーといえば「ケニヤン」(渋谷)

Img_0458
渋谷でお茶をしようと、公園通りの裏の方へ。
BEAMS前、半地下のクラシカルな雰囲気のカフェ「ケニヤン」へ。

ここの看板商品は、写真の「アイミティー」。
アイミティーとは読んで字のごとく、アイスミルクティーのこと。
Img_0456
ここのアイミティーははじめから甘い。でも、普段紅茶にガムシロをいれない私でも美味しく飲める。パンチのきいた紅茶の香り、「これぞアイスミルクティー」といいたくなる味。

Img_0457_1
丸ごと林檎のパイも、美味しい。
ほかほかのアップルパイにバニラアイスをのせて食べると口のなかにじわ〜っとパイのバターの香り、林檎の甘酸っぱさ、アイスの甘さが広がる。

結構、ここのアイミティーファンは多いみたいですね。

========================
ケニヤン
TEL:03-3464-2549 
住所:渋谷区神南1−14−8 南部ビル 1F
========================

アイミティーが飲みたいよ!!という方はクリックお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)