« 視界、色、反射。 | トップページ | フランシス・ベーコン展(東京国立近代美術館) »

2013/04/29

スヌーピー×日本の匠展(松屋銀座)

Snoopy1

先日、チケットをいただいたので松屋銀座でやっている「スヌーピー×日本の匠展」へ。

Snoopy2

入り口にスヌーピー。

作家チャールズ・モンロー・シュルツさんが「天才」と称賛した日本人アーティスト大谷芳照さんの作品を中心に、その他日本の様々な匠が作成したスヌーピーが展示されている。
大谷さんは、スヌーピーショップのデザインなども手がけているそう。
全面的に信頼されていたのだろうな。

初期のスヌーピーの絵や雑貨なども展示されていた。
スヌーピーって耳で空飛べたんだね…。

シュルツ氏のアトリエに実際に飾られていた、大谷さん作のモビールがかなりかわいかった。
スヌーピーやチャーリーブラウンの顔のパーツがそれぞればらばらになっていて、くるくるまわるうちに顔になりそうなならなそうな…という。
あとは、大谷さん作の書とスヌーピーをコラボレーションした作品たちもよかった。
「愛」という文字ではスヌーピーが愛をふりまいていたり、「祝」という文字ではスヌーピーが嬉しそうに飛び跳ねていたり、文字と絵がうまく組み合わさっていた。

匠によるスヌーピー作品は思った以上に数が多く。
瓦やら焼き物やら塗りやら硝子やら木やら着物やら、兎に角たくさんのスヌーピー。
焼き物系のスヌーピーは、大きめのスヌーピーがでんといて表面に模様がついているという感じでわりとどれも似通っていたので、もっと全然違うデザインとかだったら面白いのになという感じがした。
スヌーピー自身がシンプルな形だし難しいのかな。

連れが大谷さんを目撃したと言っていたのだけれど、私がそっちを見た時にはいなく。
幻じゃないかとか言っていたのだけれど、会場を出たらグッズ売り場にいらっしゃった。
真っ白いスーツの大谷さん。

Snoopy3

グッズ売り場がかなり充実していて、展覧会限定グッズの中から和風牡丹柄のミニ巾着と萬古焼きの箸置きを購入。
金額を気にしなくていいのなら、欲しいものはまだたくさんあったけれど、いかんせん匠作の器とかはお高い…。

シュルツさんと大谷さんの信頼関係やたくさんの様々なスヌーピーが会場をとてもあたたかい雰囲気にしていて、やさしい気持ちになる展示だった。


|

« 視界、色、反射。 | トップページ | フランシス・ベーコン展(東京国立近代美術館) »

絵・デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視界、色、反射。 | トップページ | フランシス・ベーコン展(東京国立近代美術館) »