« 会田誠展:天才でごめんなさい(森美術館) | トップページ | 西へお散歩した日(1) »

2013/03/26

夜桜花見

2013_f1

桜があっという間に咲いていってしまったので、先日夜桜花見へ行った。
会社帰りでお弁当をつくることができなかったので、コンビニで日本酒とおでんを買って、しんと静まりかえった公園へ。

昼間の桜は人をふんわりと包んでやさしく明るい気持ちにさせてくれるけれど
夜の桜はひゅっと掴んで離さない魔力がある。
どちらの桜も好きだけれど、好みでいえば夜桜かも。
人が殆ど居ない夜の公園で向き合う姿が、本当の姿のような気がしてしまう。

貸し切り状態の桜の前で、とりとめもない話をしながらおでんをつまみつつ日本酒をごくごくという贅沢。
昼間の大勢でするお花見とは全然カラーが違う、桜の美しさが濃く刻まれるお花見だった。

2013_f2

花って、そのひとつひとつがすごいエネルギーを持っていると思う。
あれだけ密集して花を咲かせている桜が華やかにエネルギーに満ちているのは、当然のことなんだろうな。
本当に特別な花だと思う。

そんなエネルギーを身体いっぱい浴びられるこの時期、散ってしまう前にたくさん見に行こう。

毎年桜の時期によく観る、「四月物語」。
光に溢れた桜や新生活のはじまりの不安と期待の入り交じったくすぐったい感じを思い出させてくれるところが好きな作品。
武蔵野の奇跡もいいな。かわいい。



四月物語

|

« 会田誠展:天才でごめんなさい(森美術館) | トップページ | 西へお散歩した日(1) »

」カテゴリの記事

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会田誠展:天才でごめんなさい(森美術館) | トップページ | 西へお散歩した日(1) »