« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/30

SPEARMEN presents『PRIMAL TONE.Vol.26』(東高円寺二万電圧)

先日、東高円寺二万電圧でおこなわれたSPEARMEN presents『PRIMAL TONE.Vol.26』へ。
PRIMAL TONE.をやるのは実に6年ぶりだそうで、でも私がSPEARMENを知ったのはここ3年くらいの話なので、行くのは初めて。

この日会場で流れるBGMもこだわって選んでいるということを聞いていたので、オープンの時間から会場へ。

Pt26_7

宙光花
今までに3回くらい聴いたことがあって、結構好きなバンド。
以前は2人だったのだけれど、前回聴いた時には左端の方が増えて3人になっていた。
力強いドラムと、混沌と心地よさのある音楽とのバランスがとてもよくて、この日が今まで聴いた中で一番よかった。
ぎゅっと濃厚な空気が流れた感じで、いいスタート。

Pt26_2

Real Birthday(Guest:JahJah from The Skullaberrys,ex Lip Cream)
このあたりから会場がだいぶ混雑しはじめた。
JahJahさんは他のバンドで何度か聴いたことがあるんだけれど、とても存在感のある人。
ノリがよくて強く深い音、最初から最後までいい感じに浸れて気持ちよかった。

Pt26_8

犬彦〔Jon(犬)+Hiko(from GAUZE)〕
狼?犬?の着ぐるみを着たJonさん、歌もオルガンもすごくかわいい。
一寸不条理でくすっとしてしまうような、ゆらゆらとした世界へ連れて行かれる。
ドラムはドラムで男らしくて、そんな二人の空気感がすごくよかった。
いやー、ほんとかわいい。

Pt26_01

そしてラストはSPEARMEN

Pt26_3

Pt_4

Pt_6

Pt_5

Pt_7

会場満員のうえに一番前だったので、写真に3人がおさまりきらなかった…。

SPEARMENはもう今までに何度も観ていて。
ただ色々な曲を寄せ集めてライブっていう形にしているバンドって世の中多いと思うのだけれど、彼らは毎回ライブ全体でひとつのアートになるようなものを提供してくれる。
その曲ごとには全然形だったりカラーだったりが違うのだけれど、それぞれのピースがパチパチとあるべきところにはまって、最終的にはひとつの大きなアートになっている、というような。

この日のライブは、爆発するようなエネルギーを最初から最後まで落ちることなく出し切ってくれるような演奏だった。
強い筆致で濃い色を用いて描いて、力強過ぎてインクの滴も飛んじゃっているんだけれどそれも含めてかっこいい作品になっている、ような。

Moonflowsの前奏がはじまった時に、口あいちゃったよ私。
ずっと生で聴いてみたい曲だったから。
CDとはまた違った、エネルギッシュでパワフルなMoonflows、よかった。じんとした。
アンコールまで堪能させていただきました。

宙光花でバシッとスイッチをいれられ
Real Birthdayで高いテンションのまま盛り上がり
犬彦で空気がゆるんとほわんとし
最後にSPEARMENがずばっと切り込んでぎゅっと終わる。
すごくいい順番で、最初から最後まで無駄なくどこまでも濃密な企画だった。
BGMの雰囲気もとてもよかったし。
充実感が半端なくて、翌日もその余韻に浸っていた。
色々なライブへ行っているけれど、これだけ練りに練られたクオリティの高いライブ企画ってなかなかない。
行けてよかった。

言葉は耳で聴いて頭で理解するけれど
音楽は身体で聴いて細胞で理解している感じがする。
いい音を感じると、細胞中がゆれて震えて、その刺激がまた自分を走らせる。
そんな音が満ちた空間の濃さは本当に心地がよくて自分の中に何かがどんどん詰まっていくよう。
いい夜だった。

ちなみに次回『PRIMAL TONE.Vol.27』は、5/23(木)新大久保アースダムにて。

| | コメント (0)

2013/03/28

西へお散歩した日(1)

とてもよいお天気の日。
漠然と西の方をぷらぷら長閑にお散歩したいというイメージがふたり一致したので、何となーく西へ。

武蔵境か東小金井か武蔵小金井か…と話しつつ電車に乗り込んだのだけれど、検索していたら「美味しいカレー屋さんがあるみたい!」ということで西国分寺で下車。

20130316_1

ファンサイトまであるという、地元に愛されているお店「すぷーん」

20130316_2

野菜カレー(650円)にチーズと卵をトッピング。
色鮮やかな野菜がかわいい。
まろやかさとかスパイス加減とかがとても程よくて美味しいカレー。
スプーン置きが猫だった!

野菜のカレーっていうと、プーさんを思い出す。
(過去記事:カレーの店 プーさん(武蔵小金井)

20130316_3

連れが頼んだ、牛タンのやわらか煮カレー新ジャガ添え、卵トッピング。
スプーンで切れちゃうほんとうにやわらかい立派な牛タンが3枚ものって690円ってすごい…。
タンシチューを食べているみたい。
こちらのスプーン置きは犬。

コロッケをトッピングしている人が結構いて。
とても美味しそうだったので次回はコロッケトッピングにしたい。

食事後、ぷらぷらとお散歩しつつ駅の案内板で見かけた「姿見の池」へ。
池の前にはおじさんがひとり佇んでいるだけで、とても静か。
静かな住宅街の中にあって、そこへ向かう小道の雰囲気がとても好きな感じだった。
土筆が生えていて、それを見つけた親子がかわいらしいやり取りをしていた。

この辺りの住所が「国分寺市西恋ヶ窪」というのだけれど、西恋ヶ窪ってぱっと見西荻窪に一寸似ている…。

20130316_4

お散歩後は「クルミドコーヒー」で休憩。
ここのサイト、栗鼠が歩いていたり絵本の世界のようでとてもかわいいんだけれど、実際お店もそういう雰囲気でとても落ち着く。
地下と、二階と中二階に席がある。
中二階の席に通されたのだけれど、屋根裏部屋に隠れているような気持ちになる。

席に「ご自由にどうぞ」な胡桃と、胡桃割りの道具がある。
でも道具が木製だから摩耗しちゃっているのか、割る為の棒が胡桃にぎりぎり届くという感じで割るのが結構難しく…。
写真に写っている胡桃はきれいに真っ二つに割れているけれど、こうなっちゃうと逆に実を取り出すのが難しくってお店の人に聞いたら「こういう割れ方するの珍しいですね」と言われた。
真っ二つに割れた胡桃の実は、ハート形。

この後もリベンジで何個も胡桃を割って食べた。
殻を割って胡桃を食べるのなんて、何年振りだろう。楽しかった。
水出しの珈琲も美味しかったのだけれど、なによりこの苺のデザートの味のバランスが絶妙ですごく美味しかった。

伝票代わりに渡されたのは小さな木製の黒猫。
口コミサイトを見てみたら動物の種類は色々のようなので、猫がきたのは嬉しい。

カフェを出た後、さらにちょっとぷらぷらし、次の場所へ移動することに。

西へお散歩した日(2)へ続く)

| | コメント (0)

2013/03/26

夜桜花見

2013_f1

桜があっという間に咲いていってしまったので、先日夜桜花見へ行った。
会社帰りでお弁当をつくることができなかったので、コンビニで日本酒とおでんを買って、しんと静まりかえった公園へ。

昼間の桜は人をふんわりと包んでやさしく明るい気持ちにさせてくれるけれど
夜の桜はひゅっと掴んで離さない魔力がある。
どちらの桜も好きだけれど、好みでいえば夜桜かも。
人が殆ど居ない夜の公園で向き合う姿が、本当の姿のような気がしてしまう。

貸し切り状態の桜の前で、とりとめもない話をしながらおでんをつまみつつ日本酒をごくごくという贅沢。
昼間の大勢でするお花見とは全然カラーが違う、桜の美しさが濃く刻まれるお花見だった。

2013_f2

花って、そのひとつひとつがすごいエネルギーを持っていると思う。
あれだけ密集して花を咲かせている桜が華やかにエネルギーに満ちているのは、当然のことなんだろうな。
本当に特別な花だと思う。

そんなエネルギーを身体いっぱい浴びられるこの時期、散ってしまう前にたくさん見に行こう。

毎年桜の時期によく観る、「四月物語」。
光に溢れた桜や新生活のはじまりの不安と期待の入り交じったくすぐったい感じを思い出させてくれるところが好きな作品。
武蔵野の奇跡もいいな。かわいい。



四月物語

| | コメント (0)

2013/03/24

会田誠展:天才でごめんなさい(森美術館)

先日、「会田誠展:天才でごめんなさい」を観に森美術館へ。

観る前にシナボン 六本木店へ。
連れが言うには、シナボンって日本の1号店は吉祥寺にオープンしたのだそう。閉店してしまって今はもうないのだけれども。

Img_3925

念願の?シナモンロール。
結構食べごたえがありそうだったので二人で半分こ。
熱々とろとろのシナモンシュガーソース。
甘過ぎず美味しくて半分をぺろっといただきました。
一人ひとつでも食べられたかも。
他店のシナモンロールは食べたことがあったけれど、今まで食べたシナモンロールの中では一番美味しかった。

Img_3927

会田誠展:天才でごめんなさい。

会田誠の作品を初めて観たのは、2001年に表参道のNADiffの小さなスペースで無料でやっていた食用人造少女・美味ちゃんシリーズの展示。
食糧危機に陥った未来の食材として開発された美味ちゃんは、少女型の食べ物。
食べられることを喜びとする生き物で、鯵の開きのようにされていたり、巻き寿司の具としてつかわれて切断されたり、押し出された身体からイクラ状のものやビール状のものを出したり、エログロ的なアート。それが絵と立体物とで展示されていた。
でも全然いやらしくもグロくもないのは、会田誠が描く少女が妙に爽やかで些とも嫌がっていないからなのだと思う。
エロって好奇の目にさらされている少女に拒絶や恥じらいの色が滲んだ時に初めて発露するような気がする。
だから、裸にされることを何とも思っておらず、ましてや調理されて食べられることを至福としている美味ちゃんに何が起きようとエロくもグロくもないんだわ。
表現内容の衝撃と爽やかさとの共存がとても新しくて、印象に残った展示だった。

会田誠の作品は、他は現代アート系の展示でちょろっと目にしたことがあるくらいできちんと観たことがなかった。
でもそのNADiffの展示が面白かったのと、「天才でごめんなさい」と自ら言ってしまうあたりで結構期待していた。

が。
結論から言ってしまうと、森美術館の広いスペースには合わない展示だった…。

私が良いなと思ったのは、少女モチーフの作品。
美味ちゃんシリーズや(量が少なかったけれど)、手足を切断されて首輪をかけられた「犬」シリーズ、巨大な山椒魚の横に少女が横たわる「大山椒魚」、旗を持って勇ましく立つ二人の少女の姿「美しい旗(戦争画RETURNS)」など。
彼が描く少女は丁寧で美しく、どこか魂がはいりきっていないハリボテ感がなんかいい。
みんな感情も思考も薄そうで人形っぽい。
もっとも「犬シリーズ」は、手足切断と首輪という悪趣味なことをしているわりに少女がきらきらしていて一寸疑問な作品ではあった。

でもその他の展示は、現代アートにありがちなアートを言い訳にした手抜き作品のように思えてしまってあまり好きではなかった。

小学生が美術の時間に描いたポスターのような作品は、画力のある会田誠があえて下手な小学生のような絵で描くところを面白がる作品なのかもしれないけれど、画力がある人が下手な絵を描くのは簡単だよね…とか。
主張したい内容に合わせたチラシをペタペタと貼ってそれに適当に絵を描いた作品は、チラシの選択も描かれたものもとても大雑把だったりとか。
全ページに落書きをした本の作品は、落書きそのものに意味はなくて全ページを埋めることに意義を求めてしまっていたりとか。
なんちゃって外国語を喋りながら絵を描く動画の作品は、雰囲気だけで終わっていたりとか。
萌え系アニメの絵を集めた熊手のような作品は、面白くも美しくもなかったりとか。
段ボールをつかって素人の普通の人たちに色々つくらせて壁一面を埋めようとした作品は、隙間も埋まりきっていない中途半端なものになっていたりだとか。

Img_3926

撮影可だった、《考えない人》。
でもこれ美しくないし、唸るようなコンセプトとかも感じられない。

一人でデモができる装置は面白かった。
マイクで喋ったことを、シュプレヒコールのようにちっちゃな人形が繰り返してくれるやつ。
かわいらしかった。

会田誠さんの作品は、小さな会場とかでサブカルの延長的に観る方が合っている気がした。
思いついたアイデアをただただ薄いまま量産している感じだから、立派な会場で観るとその適当な感じが一寸浮いてしまう。
もしくは少女モチーフなど緻密に描かれた作品だけ集めた方が好みだった。
「この散らかった状態そのものが会田誠なんだ」という感じっぽかったけれど、やっぱり私は詰めて詰めて昇華のレベルにまで達したものを求めたい。

とはいえ、世間的には結構評価が高い展示のようなのがよくわからない…。
現代作家さんなら、「高嶺格「とおくてよくみえない」(横浜美術館)」とか「幽体の知覚展/小谷元彦 (森美術館)」の方が濃くてよほど面白かった。
連れも同じ感想だった。
アートの好みとかが私ととても似ている人ではあるのだけれども。

Img_3928

強風でスカイデッキにははいれなかったので、展望スペースから東京タワー。
直ぐに灯が消えてしまったのだけれど、東京タワーっていつも何時に消えるのだろう。

地上いっぱいの光の群れは、いつ見ても不思議な感じがする。
俯瞰により意識させられるたくさんの世界。

いまいちだなっていう展示をわかりあえる人と観に行ってよかったな…。
ビール飲みながら言いたい放題できるものね。

今回は図録を買わずに、代わりにミュージアムショップで谷川俊太郎さんと宇野亜喜良さんのコラボ絵本 「おおきなひとみ」を購入した。
宇野亜喜良さんのサイン入りなのが嬉しい。

いい買い物。

| | コメント (0)

2013/03/18

お花とワインと日本酒と

Img_3901

お誕生日の一週間前、友人とorganへ。
抱えるのが一寸大変なくらいの大きな大きな花束をくれて感動した。
大好きなピンク。
今もまだ家で元気に咲いていてくれて家中の空気をふんわりと彩ってくれている。

Img_3902

鶏レバーのパテ
甘みがあってまろやか。多分これレバー嫌いな人でも食べられるのでは。

Img_3903

白子のムニエル黒いソース
とろとろの白子が知らない世界へ連れてってくれました・・・。

Img_3904_2

砂肝のコンフィと香菜のサラダ
砂肝が柔らかくて、香菜好きにはたまらない一品。

Img_3905

organはどのワインもグラスで頼めるのが素敵。
泡→白ワイン→赤ワインという感じでまんべんなく楽しんだ。

Img_3906

メインはおすすめの豚肉に。
かなり食べごたえがあった。

Img_3908

タルトタタン
友人はお店の人に何も頼んでいなかったのに、蝋燭つきのお誕生日仕様できた!
私たちの会話から、お誕生日祝いなのだろうと推測してそうして下さったそう。
なんてすてきなサービス。

2軒めは日本酒が飲みたかったのでひまり屋へ。

Img_3912

大きな花束を持っていたから、お刺身の盛り合わせをお誕生日仕様にしてくれた。
すてき。

Img_3910
Img_3913
Img_3914

ひまり屋さんは、揃えている日本酒がほんとすごく美味しい。
この日いただいたものも、どれもよいものばかりだった。

最後にはお誕生日仕様のデザートまでサービスしてくれて、素晴らしい一日。

まだ明るいうちから、ゆったりとワインを飲みつつ友人の恋愛話をききつつ。
恋愛関係にある相手というのは、どんなにお互いが好きでも結局は自分ではない人間なのだから、自分が待っている言葉を相手が投げかけてくれるのを勝手に期待してそれがないことで扉を閉めてしまうのはよくないんじゃないかみたいな話をした。
本気の恋愛って沢山沢山消耗する。
人相手のことだから、これが正解っていうものがない。
けれども本当に真摯に向き合える相手である場合、消耗を越える何倍以上もの喜びや学びやあたたかさやふんわりきらきらとした様々な色のたくさんのものがもたらされる。
恋愛って固定されていない分伸び幅が大きくて鮮やかさが濃いような気がする。

恋愛は花で、結婚は大地なのかもしれない。

| | コメント (0)

2013/03/08

新潟県十日町市の美味しいもの(その3)

新潟県十日町市の美味しいもの(その1)新潟県十日町市の美味しいもの(その2)に引き続き。

Tokamachi12

・はっか糖関口製菓
魚沼地方に自生していたはっか草をつかって、夏の涼をとるお菓子としてつくられたのがはじまりだそう。手づくり。
白はノーマル、茶色はニッキ、緑色は抹茶、ピンクは・・・ほんのり桜の葉っぽいような気もするけれど、実際何味なんだろう。
見た目はチョークにそっくりだけれど、そんなに固くなくポリポリと食べやすい。
はっか好きなのでこれ常備したい。

Tokamachi13

・しょうゆの実高長醸造場
大豆と米こうじを混ぜてつくったもの。
米こうじの旨味がたっぷりはいったゆるめの味噌、という感じ。
味噌ほどしょっぱくはないのでそのまま食べられる。
そのままなら酒の肴になるし、ご飯にのせたり野菜につけたりしても美味しい。

・ホッポロ漬
高長醸造場
大根・なす・きゅうり・しょうが・から芋・みょうが・唐辛子と味噌でつくったもの。
みょうがが結構きいていて、とても好きな味。
これもしょうゆの実同様、酒の肴にも、ご飯のお供にも…な感じ。
ちょっと邪道だけれど、お湯で溶いてスープっぽくして飲むのも美味しい。

Tokamachi14

・杵つき手のし越路もちなかさと食品
「魚沼産こがねもち米」でつくったお餅。
祖父母がお米屋さんをやっていた関係で、お米の味にはうるさいお家で育った私。
スーパーで売っている大手メーカーのお餅は食感も味もあまりよいとは思えないのだけれど、このお餅は、香り・甘み・こしが絶妙でそれらとは全然違っていた。
いい餅米で職人さんが丁寧につくるとちゃんと美味しいんだな。
ホッポロ漬けをのせたらすごく合っていた。

Tokamachi15

・雪下人参ジュースJA十日町
雪の下で越冬させてから春に収穫する雪下人参は普通の人参の2倍の糖度をもつそう。
人参、林檎、レモン、梅エキスでつくられたこのジュース。
「飲む」というより「食べる」と表現したくなるくらい濃厚。
今まで飲んだ人参ジュースの中で一番美味しかった。

3回にわたって書いてきた、十日町の美味しいものシリーズはここでいったん終了。
自分でまた買いたいなってものもたくさんあって、よいものを教えてもらった気持ちでいっぱい。

【関連記事】

新潟県十日町市の美味しいもの(その1)

新潟県十日町市の美味しいもの(その2)

| | コメント (0)

2013/03/07

新潟県十日町市の美味しいもの(その2)

新潟県十日町市の美味しいもの(その1)に引き続き。

Tokamachi08

・松之山温泉 なめこカレーNNMイージープラン
松之山特産のなめこと、にいがた地鶏のカレー。
「果物もたくさんはいっているのでパスタにも合う」とのことだったので、フェットチーネでいただきました。

Tokamachi_10

元帝国ホテルのシェフが監修したそう。
なめこはとろんとソースによくなじんでいて全然違和感がなく、むしろとろみだしに貢献していそう。
みじん切りの野菜の存在感があってトマト感も結構あるので、カレーというより上品なミートソース。
パスタに合うっていうのも納得な美味しさ。
次回はご飯で食べてみたいなー。

Tokamachi07

・妻有ざるうどん玉垣製麺所
うどんにしてはとても細く、太めの冷や麦という感じ。
麺つゆをきらしていたので、急遽自作したおつゆでいただきました。
つやつやとした麺はつるつると喉越しがよいだけではなくて、しっかりとこしもある。
小麦の味がちゃんとして、食べ飽きない美味しさ。
にゅうめんみたいにしてもよいかも。

Tokamachi11

・あんぼ芝峠特産加工組合
魚沼産コシヒカリをつかってつくったお饅頭で、写真のものは中身が大根菜。あとよもぎ×小豆。
おやきのお米版という感じで、皮がすごくもっちりとしている。
ひとつひとつ手作りらしく、素朴でとても好きな味。

・しんこ餅小島屋製菓店
写真を撮る前に食べてしまったのですが・・・。
上新粉をつかったお餅で、中身はとても上品なこしあん。
小ぶりで甘さ控えめなので一度にふたつくらい食べられそう。美味しい。

【関連記事】

新潟県十日町市の美味しいもの(その1)

新潟県十日町市の美味しいもの(その3)

| | コメント (0)

2013/03/04

新潟県十日町市の美味しいもの(その1)

Tokamachi01

先日ツイートもしたのだけれど、新潟県十日町市のサポーターになった。
町の特産品候補を色々送っていただいたのだけれど、段ボールを開けたら思った以上にもりもりはいっていたので一寸テンションがあがった。
冷凍品とかを写真におさめるのを忘れたので全部写っていないのだけれど、全15品。

十日町市ってどんなところ?何が美味しいの?という人もいっぱいいると思うので、食レポを通じて興味を持ってもらえると嬉しいなと思いつつ、いただいた食べ物の感想を書いていきます。

Tokamachi02

・そばいなり (直売所 千年の市 じろばた ※発送は要相談。)
いわゆるおいなりさんのご飯代わりにお蕎麦がはいっているもの。
冷凍品を解凍したのだけれど、冷えたままだとお蕎麦がぼそぼそっとしてしまったので、軽く温めて食べた。
油揚げとお蕎麦が案外相性がよく、葱もいい存在感。
きつね蕎麦を一口で楽しんでいる感じ?
これ直売所で出来立てを食べてみたい。

・笹だんご新川屋
いぐさの紐をくるくるっとほどいてひらくと、笹とよもぎのいい香りがしてきれいな緑色のお餅が登場。
剥いた状態で写真撮ればよかったな…。
お餅はしっかり歯ごたえがあって、中には粒の残る小倉餡子がぎっしりなんだけれど甘さ控えめで食べやすい。
笹の葉の上だけを剥いて、かぶりつくように食べるのが正しい食べ方らしいのだけれど、こういう食べ方ってより美味しく感じる気がする。
笹だんごって新潟の名物なのですね、知らなかった。

・和風すぃ〜とぽてとなかさと食品
これもパッケージから出して写真撮ればよかったよね…。
白餡を使っているので、いわゆるスイートポテトというよりは和菓子寄りの上品な味。
角切りのさつまいもがいいアクセントになっていて美味しい。
一緒に食べた人は「さつまいもが角切りだから普通のスイートポテトよりもさつまいもっていうのがわかっていいね」と言っていた。

Tokamachi03

・おからの焼かりんとう(十日町福祉会 ワークセンターなごみ
十日町産の生おからと胡麻をたっぷり使った焼きかりんとう。
障がい者の方たちがつくっているそう。
油であげていないから食感が軽くてぽりぽりどんどん食べられるし、胡麻のこうばしさが癖になる。
美味しいだけでなく新しい味なので、お土産であげたら喜ばれそう。
みそ味、ココア味、そば味の3種類をいただいたのだけれど、みそ味が一番お気に入り。

Tokamachi05

・つぼんこ木村屋
パイ生地の中に、黄身餡に包まれたやわらかい栗がごろっとはいっていて美味しいし栗の丸ごと感が贅沢。
栗きんとんがパイになった感じかも。
手作りのため、一日200個限定だそう。
つぼんこってかわいい語呂だけれどどういう意味?と思ったら、十日町地方で雪遊びに使う小さな雪玉だそう。
たしかに雪玉っぽい。

Tokamachi06

・みゆきドーナツ関口製菓
ひとくちサイズの砂糖がまぶされたドーナツの中に、餡子がはいっている。
ドーナツのわりには軽くて甘過ぎないので一度にぱくぱく何個も食べられる。
駄菓子っぽいぱさっとしたものを想像していたのだけれど、しっとりやさしくて丁寧な味。
ひとつひとつ手作りなのだそう。
ひと袋にたくさんはいっているので食べきれるかな?と思ったけれど、ぺろっと食べちゃいそう。
パッケージの懐かしい感じもよいなー。
冬季限定のお菓子。

【関連記事】

新潟県十日町市の美味しいもの(その2)

新潟県十日町市の美味しいもの(その3)

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »