« 翼 | トップページ | 新潟県十日町市の美味しいもの(その2) »

2013/03/04

新潟県十日町市の美味しいもの(その1)

Tokamachi01

先日ツイートもしたのだけれど、新潟県十日町市のサポーターになった。
町の特産品候補を色々送っていただいたのだけれど、段ボールを開けたら思った以上にもりもりはいっていたので一寸テンションがあがった。
冷凍品とかを写真におさめるのを忘れたので全部写っていないのだけれど、全15品。

十日町市ってどんなところ?何が美味しいの?という人もいっぱいいると思うので、食レポを通じて興味を持ってもらえると嬉しいなと思いつつ、いただいた食べ物の感想を書いていきます。

Tokamachi02

・そばいなり (直売所 千年の市 じろばた ※発送は要相談。)
いわゆるおいなりさんのご飯代わりにお蕎麦がはいっているもの。
冷凍品を解凍したのだけれど、冷えたままだとお蕎麦がぼそぼそっとしてしまったので、軽く温めて食べた。
油揚げとお蕎麦が案外相性がよく、葱もいい存在感。
きつね蕎麦を一口で楽しんでいる感じ?
これ直売所で出来立てを食べてみたい。

・笹だんご新川屋
いぐさの紐をくるくるっとほどいてひらくと、笹とよもぎのいい香りがしてきれいな緑色のお餅が登場。
剥いた状態で写真撮ればよかったな…。
お餅はしっかり歯ごたえがあって、中には粒の残る小倉餡子がぎっしりなんだけれど甘さ控えめで食べやすい。
笹の葉の上だけを剥いて、かぶりつくように食べるのが正しい食べ方らしいのだけれど、こういう食べ方ってより美味しく感じる気がする。
笹だんごって新潟の名物なのですね、知らなかった。

・和風すぃ〜とぽてとなかさと食品
これもパッケージから出して写真撮ればよかったよね…。
白餡を使っているので、いわゆるスイートポテトというよりは和菓子寄りの上品な味。
角切りのさつまいもがいいアクセントになっていて美味しい。
一緒に食べた人は「さつまいもが角切りだから普通のスイートポテトよりもさつまいもっていうのがわかっていいね」と言っていた。

Tokamachi03

・おからの焼かりんとう(十日町福祉会 ワークセンターなごみ
十日町産の生おからと胡麻をたっぷり使った焼きかりんとう。
障がい者の方たちがつくっているそう。
油であげていないから食感が軽くてぽりぽりどんどん食べられるし、胡麻のこうばしさが癖になる。
美味しいだけでなく新しい味なので、お土産であげたら喜ばれそう。
みそ味、ココア味、そば味の3種類をいただいたのだけれど、みそ味が一番お気に入り。

Tokamachi05

・つぼんこ木村屋
パイ生地の中に、黄身餡に包まれたやわらかい栗がごろっとはいっていて美味しいし栗の丸ごと感が贅沢。
栗きんとんがパイになった感じかも。
手作りのため、一日200個限定だそう。
つぼんこってかわいい語呂だけれどどういう意味?と思ったら、十日町地方で雪遊びに使う小さな雪玉だそう。
たしかに雪玉っぽい。

Tokamachi06

・みゆきドーナツ関口製菓
ひとくちサイズの砂糖がまぶされたドーナツの中に、餡子がはいっている。
ドーナツのわりには軽くて甘過ぎないので一度にぱくぱく何個も食べられる。
駄菓子っぽいぱさっとしたものを想像していたのだけれど、しっとりやさしくて丁寧な味。
ひとつひとつ手作りなのだそう。
ひと袋にたくさんはいっているので食べきれるかな?と思ったけれど、ぺろっと食べちゃいそう。
パッケージの懐かしい感じもよいなー。
冬季限定のお菓子。

【関連記事】

新潟県十日町市の美味しいもの(その2)

新潟県十日町市の美味しいもの(その3)

|

« 翼 | トップページ | 新潟県十日町市の美味しいもの(その2) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

グルメ(その他地域)」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 翼 | トップページ | 新潟県十日町市の美味しいもの(その2) »