« ねここねる | トップページ | 命を紡ぐもの »

2012/12/31

今年ももうすぐ終わります

Img_3384

2012年、年始の記事はこんな感じで。

新しい空気の在処

私、2012年をこんな風に迎えたのだったっけって、自分の言葉なのに既に遥か遠い。

2012年は、ある意味彩り豊かに(明るい色も暗い色も)描かれた一年だった。
試練も多かったり、仕事のことで胃を痛くしたりなんてこともあったのだけれども。
ある時、すっと大きな階段をひとつ上がれた瞬間があって。
その時から明確に視界が開けて、見えるものが違ってきた。
尽きることのないきらきらが、温かさが、常に存在しているというか。

幸せってなんだろうって考える時があるけれど
それって多分、自分がいかに長く心を温かくしていられるかっていうことなんだと思う。
それは外部的要因だとか、人の目にどう映るかじゃなくて
自分の中でどう捉えるか
いかにたくさんの愛情を生み出していけるか
そういうことなのだと思う。
「愛」という言葉って、なんだか大袈裟で照れくさいけれど
でも、異性間に限らず、本当に何もかもを越えられる力、
最強なのって愛情なんだよなって思う。

最近親しい子からもらったメールに
「あなたと仲良くなれてよかった。身近に目標にしたい人がいて嬉しい」
というようなことが書いてあって。
ああ、大きなご褒美をもらったなぁと思った。
彼女だけじゃなく、私は最近ほんと周囲の人に恵まれていると思う。
温かい気持ちをくれて、そうして一緒に楽しんでくれる人がたくさん。

今年私と時間をともにしてくれた全ての人たちに
私にたくさんのものを注いでくれた人に
心から感謝の気持ちをおくります。

会ったことがなくても、blogやtwitterのファンでいてくれる人たちも
私にとって大きな原動力です。
ありがとうございます。

今年は結局本業プラスでひとつ大きな仕事を抱えてバタバタしっぱなしだったけれど
来年それが片付いたら、今度こそ本当に作品づくりをしたい。

みんなが静謐でありながら温かい気持ちで今年を締められ
きらきらとした新しい気持ちで新しい年を迎えられますように。
たくさんの感謝の気持ちと来年への期待で今年のblogを終えます。
来年はもっと書けるかな…。

|

« ねここねる | トップページ | 命を紡ぐもの »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねここねる | トップページ | 命を紡ぐもの »