« 赤い襞 | トップページ | 光る色 »

2012/10/13

固定された輪郭

Img_4025

悲しみだったり、怒りだったり。
堪え難い強い感情を持った時に、人は刃を向けることがある。

それは外に向けてだったり、自分に向けてだったりするわけだけれど。
受け入れ切れない現状を変えたいという気持ちがその殻を破る行為、であるのだと思っていた。
窒息しそうな時の空気穴だったり、強引に行う変化。
いいとか悪いとかはさておいて。

けれど、刺すということは自由を勝ち得る行為のように思われつつも同時に今の自分をそこに固定して永続的に何処にも行かせない行為でもあるのだと。
解放なんかでは些ともないのだと。

私の顔のそばに来たくて飛びついて自分の身体が落ちないように私の身体に爪をがっつりたてる黒ふささんを見ながらそんなことを考えていた。

|

« 赤い襞 | トップページ | 光る色 »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い襞 | トップページ | 光る色 »