« 3+2=5 | トップページ | 猫と眠らない日 »

2012/05/05

夜の花

Img_1486

どんな変化が起ころうと
どんな変化を起こそうとしていても
満ちている限り、きっと怖くはないのだろう。
大抵の恐怖は変化の末の空白に対して起こる。
何も書き込めない、ただただ広がる目が眩むような白。
染められるのに躊躇するのは自分自身。

インスタント的に結果がでるようなものははじめから何かわかりやすい欲求のためにしか存在しないようなお手軽なものであって。
そうではない自分の身体を芯からつくりあげるようなものは一朝一夕でわかるようなものであるわけがなくて。
でも皆見えない未来に不安を抱える。
わからない=自由であるということも忘れて。

今の私は。
欠落しようと、常に空間に心地よい何かが満ちていて。
なんだかほんとうに日々感謝だ。

今年はたくさん絵を描こうと思っている。
展示をするんだ、必ず。
やっぱり私は何かをつくるくらいしか能も目的もないのだからそこに打ち込めるうちに打ち込まなくては贅沢だ。

|

« 3+2=5 | トップページ | 猫と眠らない日 »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私は何かを作っている君が好きです。
何かを作って無くても好きだけどね(笑

展示、楽しみにしています!

・・・て、プレッシャーかけてる訳ではないので、
気楽に楽しみながら良いタイミングがあれば、ね。
(◎´∀`)ノ

投稿: 雷男 | 2012/05/07 09:44

ありがとう。

生活に付随する色々なことを言い訳になかなかちゃんとつくれていなかったから、つくりたいな。
よい方に変えていきたい。

投稿: *yuka* | 2012/05/09 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3+2=5 | トップページ | 猫と眠らない日 »