« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012/03/18

「PARIS SERA TOUJOURS PARIS!」 エリオット アーウィットが見つめたパリ(シャネル・ネクサス・ホール)

Img_0942

マグナム・フォトのサイトは度々チェックしていて、エリオット アーウィットの写真展をやっていると知ったので、先日会社帰りにシャネル・ネクサス・ホールへ。
シャネル銀座店の中にあるその展示場所は、行く度に一寸緊張する。
買いもしないのにお店の中にはいらないとならないから…。
私自身も、全くシャネルっぽくない服装だし。

一昨年発表された最新写真集「Elliott Erwitt's Paris」に収められたものから選ばれた写真たち。
すごく古いものもあれば、最近撮影されたものもある。
年代が離れても、パリは変わらずパリの姿である。
デコレーションに当たるものが僅か変わっていても、芯はずっと同じ。
だから、とても古い写真を見ても、数年前に自分が行ったパリの姿と重ねることができる。
これはきっと東京ではできないことなんじゃないだろうか。
日本の美意識ってやつは、どこかの時代に置き去りになっているんじゃないだろうかというくらい、変てこな新しいものが生まれていく。勿論その一方で古きよきものを踏襲した美しいものも生まれているんだけれども。
でも、コンクリート打ちっぱなしとかさ、そういうものは日本の美にちっとも馴染まないんだよな。嫌い。

彼の撮る写真は、犬の写真がすごく魅力的。
コミカルに、あたたかく、その姿をパリの街並とあわせて刻んでいる。

最後に彼へのメッセージが書けるノートがあったので、拙い英語で書いてきた。
ここのホールは満足感の高い展示が無料で見られるので好き。
願わくば、店内を通らずに行けるようにしていただけると嬉しいです…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪、白、夢

Img_1027

うたた寝をしていたら夢をみた。

電車に乗って、遠く遠くへ向かっている。
くだらない話をしながら目一杯はしゃいで一寸した充足感に包まれながら。
やがて雪景色が見えてきたので「あ、まだ雪が残っているってツイートしよう」と、私は黄緑色のカバーに包まれたiPhoneを手に取る。(夢の中でもカバーはちゃんと同じだしツイートもしようとするんだなと後でなんだかおかしかった)
車窓のそばを流れる緑たちには、まだそれぞれの形がわかる程度の雪が積もっている。

猫に起こされたのか、目を覚ましたからきたのか、猫が肉球で私のことをペチペチと叩いていた。
夢の余韻で嫌な欠乏感があったので、猫をきゅうと抱いた。
夢だから夢。

 

| | コメント (0)

2012/03/05

色水

Img_0892

よい音を聴いて細胞が揺らされた時に。
よい作品を観て視線が釘付けになった時に。
ああ先刻まで私は冬眠していたなと思う。
音とアートのアプローチの仕方は違うけれど、触れることは変化を受け入れるということでもある。
多分完全に満ち足りている人は何の刺激もいらないはずでそうしてそんな状態になったらそのまま朽ちてしまうんじゃなかろうか。
生きている限りみんな何かが足りないってことにもっと安心したらいいのだと思う。

長かった髪をばっさりと切った。
先刻まで自分の一部だった細胞たちが、あっという間にただのゴミになった。
春が近付いた。

| | コメント (0)

2012/03/04

森山良太 朝弘佳央理 写真展「 apart 」(SIGHT BOX GALLERY)

Img_0912

先日、朝弘 佳央理さんと森山 良太さんの展示「apart」へ行って来た。

朝弘さんの展示は何度か観たことがあって、とても好きな写真を撮る方。
森山さんの写真を観るのは初めて。

会場のSIGHT BOX GALLERYはギャラリースペースだけでなく、カフェなどを併設している。

雪国への旅をしながら二人が撮った写真たちが合計200枚。
時系列で並んでいると思われる写真を追っていくと、時間の経過とともに写真の色が深くなっていくのが面白かった。色彩としての色、ではなく雰囲気としての色。
違う人が撮った写真であるのに、二人の写真はとても相性がいい。
異なった視点であっても、お互いが近しい距離感で景色を眺めてカメラでそれを切り取っていっている様子が伝わる。
違うカメラであるのに共同作業のような空気が展示全体に浸透していた。
景色たちもさることながら、森山さんが撮った朝弘さんの写真がとても魅力的だった。素で「あーかわいい」と言いたくなるような。

四面ある展示スペースのうち、私は三番目の壁あたりの雰囲気が一番好きだった。
青さをまとった雪景色であるとか。

とてもあたたかい気持ちになれる写真たちに囲まれてよい時間を過ごさせてもらった。

Img_0911

この日はギャラリーのそばにあるカレーの店「アッチャ」で東インドカレーを食べたのだけれど、スパイスたっぷりのさらさらカレー、美味しかった。雑炊のようにほんとしゃばしゃば。
スパイスの薬効をちゃんと身体に浸透させる為に食べている間は水を飲むのが禁止。
食べ終わる頃には汗が…。
スパイスは日によって調合を変えているそうで、この時は花粉症に効くようにつくられていた。
店主がお話好きの楽しい方で、私の母校と繋がりがあったり、面白いお店だった。
また町田に行くことがあれば寄りたい。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »