« 光を探すゲーム | トップページ | 森山良太 朝弘佳央理 写真展「 apart 」(SIGHT BOX GALLERY) »

2012/02/21

流れるための道

Img_0810_2

先日友人と本当にショックな出来事があると血の気がひくよねという話をしていて。
実際、暖かい日であるのに指先が真冬のもののようになってしまって身体中も寒くて仕方がない、という経験をしたことがある。
あれってもしかしたら。
冬眠状態になることで辛く寒い時期をやり過ごそうという身体の防衛本能だったのだろうか。

どうしても自分で波を起こせない時は
波のもとを何処かに受け取りにいかないといけない。

ただ移動するだけでも、ただ何かを見るだけでも、ただ何かを聴くだけでもよくて。
パチリパチリと何かが倒れていくように、一寸ずつ揺らされて揺さぶられて滞っていたものが流れ出す。

|

« 光を探すゲーム | トップページ | 森山良太 朝弘佳央理 写真展「 apart 」(SIGHT BOX GALLERY) »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光を探すゲーム | トップページ | 森山良太 朝弘佳央理 写真展「 apart 」(SIGHT BOX GALLERY) »