« 時間の泡 | トップページ | 光を探すゲーム »

2012/01/29

二人の場合 / 青山七恵

文藝2012年春号に載っていた青山七恵さんの「二人の場合」を読んだので、メモ。

肌着メーカー会社の同期、実加と未紀。
営業の成績をなかなかあげられない似た者同士の二人は仲良くなりいつも一緒に過ごすこととなる。
長く付き合った彼にふられてすっかりいじけた考え方になった実加、一方退職のタイミングで彼氏にプロポーズはされたけれどしっくりこないうえに実加が心配だった未紀は結局婚約破棄をしてしまう。
二人の関係はやがて、実加が結婚して子供を生んだり、未紀がクラリネット奏者というやりたいことを頑張っていくうちに噛み合なくなっていってしまう…という話。

既婚で子持ちの実加は自由に生きる未紀のことを煩わしい事から逃れ逃れ生きているように思い、だんだん共通の話題を失っていく。
一方未紀は、家庭も仕事もある実加の中に独り者の自分よりもずっと孤独を感じてしまう。型にはまったものたちを手に入れたことで満足してしまっている彼女から段々遠ざかるようになってしまう。
一時親しかったはずの二人。
二人はそれぞれ相手が自分とは違った生活の中で大切なものを無くしてしまったのだな、と理解する。そして二人の友情は途絶える。

全体的にとてもリアルな話だった。
独身の頃同じものを評価したり批判したりしながら長い時間を共にした二人が、環境の変化とともにすれ違っていく様とか。
既婚・結婚というわかりやすい環境の変化だけでなく、一時親しかったはずの友人同士がすれ違っていくことって実際ある。
何か大事な部分における考え方が違うなって思った時や、こちらを傷つけるようなことを無神経にされてしまった時など。
どんなにそれまで親しかった相手でも、距離をおいてしまうことはある。
私は結構そうなってしまうともうそのまま苦手意識が刷り込まれてしまって、敢えて会いたくないなって思ってしまったりするのだけれど。
人付き合いの中には、どんなに親しくなってもある種の相手への「敬意」が必須な気がする。踏み込んではいけないところには踏み込まないとか、ある一定の礼儀は保つとか、そういうもの。
多分、ある程度環境が違ってすれ違う部分があっても、その敬意がお互いにある限りは続くものなんじゃないだろうか。友人関係って。

そういえば知り合いが婚活をはじめてから「独身でつるむと独身であることに安心しちゃうから、集まりもなるべく既婚とか子持ちの友達として自分を追い込んでいる。結婚する」とか言っているのを聞いて驚いたことがある。
この人にとって友達ってカテゴライズしか出来なかったり、自分の目的の為に選択する程度の存在なんだな、なんか寂しい考え方と感じた。
逆に、そういう風に判断出来ちゃうレベルの薄い相手としか付き合っていないのかもだけど…。
私は既婚だから独身だからというカテゴリーで友人を判断したりはしない。
既婚だろうが独身だろうが、魅力的な人とはやっぱり会いたい、友人でいたい。
子供が出来てしまうと物理的に会う時間の確保が難しくなったりすることによる疎遠はどうしてもあるけれど、時間が出来た時には再び会いたい。

青山さんの小説は、いつも派手さはないものの、心理描写とかがいつも丁寧で読みやすい。
私は立場でいったら未紀に近いから、何となくそちらに肩入れして読んでしまった。
人生には一時濃く関わって、その後一生会わなくなってしまう人というのがなんと多いことだろう。

|

« 時間の泡 | トップページ | 光を探すゲーム »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間の泡 | トップページ | 光を探すゲーム »