« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/29

二人の場合 / 青山七恵

文藝2012年春号に載っていた青山七恵さんの「二人の場合」を読んだので、メモ。

肌着メーカー会社の同期、実加と未紀。
営業の成績をなかなかあげられない似た者同士の二人は仲良くなりいつも一緒に過ごすこととなる。
長く付き合った彼にふられてすっかりいじけた考え方になった実加、一方退職のタイミングで彼氏にプロポーズはされたけれどしっくりこないうえに実加が心配だった未紀は結局婚約破棄をしてしまう。
二人の関係はやがて、実加が結婚して子供を生んだり、未紀がクラリネット奏者というやりたいことを頑張っていくうちに噛み合なくなっていってしまう…という話。

既婚で子持ちの実加は自由に生きる未紀のことを煩わしい事から逃れ逃れ生きているように思い、だんだん共通の話題を失っていく。
一方未紀は、家庭も仕事もある実加の中に独り者の自分よりもずっと孤独を感じてしまう。型にはまったものたちを手に入れたことで満足してしまっている彼女から段々遠ざかるようになってしまう。
一時親しかったはずの二人。
二人はそれぞれ相手が自分とは違った生活の中で大切なものを無くしてしまったのだな、と理解する。そして二人の友情は途絶える。

全体的にとてもリアルな話だった。
独身の頃同じものを評価したり批判したりしながら長い時間を共にした二人が、環境の変化とともにすれ違っていく様とか。
既婚・結婚というわかりやすい環境の変化だけでなく、一時親しかったはずの友人同士がすれ違っていくことって実際ある。
何か大事な部分における考え方が違うなって思った時や、こちらを傷つけるようなことを無神経にされてしまった時など。
どんなにそれまで親しかった相手でも、距離をおいてしまうことはある。
私は結構そうなってしまうともうそのまま苦手意識が刷り込まれてしまって、敢えて会いたくないなって思ってしまったりするのだけれど。
人付き合いの中には、どんなに親しくなってもある種の相手への「敬意」が必須な気がする。踏み込んではいけないところには踏み込まないとか、ある一定の礼儀は保つとか、そういうもの。
多分、ある程度環境が違ってすれ違う部分があっても、その敬意がお互いにある限りは続くものなんじゃないだろうか。友人関係って。

そういえば知り合いが婚活をはじめてから「独身でつるむと独身であることに安心しちゃうから、集まりもなるべく既婚とか子持ちの友達として自分を追い込んでいる。結婚する」とか言っているのを聞いて驚いたことがある。
この人にとって友達ってカテゴライズしか出来なかったり、自分の目的の為に選択する程度の存在なんだな、なんか寂しい考え方と感じた。
逆に、そういう風に判断出来ちゃうレベルの薄い相手としか付き合っていないのかもだけど…。
私は既婚だから独身だからというカテゴリーで友人を判断したりはしない。
既婚だろうが独身だろうが、魅力的な人とはやっぱり会いたい、友人でいたい。
子供が出来てしまうと物理的に会う時間の確保が難しくなったりすることによる疎遠はどうしてもあるけれど、時間が出来た時には再び会いたい。

青山さんの小説は、いつも派手さはないものの、心理描写とかがいつも丁寧で読みやすい。
私は立場でいったら未紀に近いから、何となくそちらに肩入れして読んでしまった。
人生には一時濃く関わって、その後一生会わなくなってしまう人というのがなんと多いことだろう。

| | コメント (0)

2012/01/21

時間の泡

Img_0584

限られている、時間。

その状況は永遠ではないのだと。
当たり前のそのことを頭の片隅ででも意識しているだけで、色々なことを大切にできる。
だから自分とは違う状況の人を羨ましく思うのは、
自分が今ある状況における時間をただただ無駄遣いしているような感じがしてしまう。ので。なるべくしないように心掛ける。
今を大事にして生きていないと、状況が変わった後に後悔しそうだ。

感謝はしているその人自身をも元気にするらしいよ。

| | コメント (0)

第113回文學界新人賞受賞作

先日、やっと第113回文學界新人賞受賞作の「髪魚/鈴木善徳」と「きんのじ/馳平啓樹」を読んだのでメモ。

---

「髪魚」鈴木善徳

氾濫後の川で人魚を拾った男性。
人魚というと、若くて美しい女性の…と思いがちだけれど、彼が拾ったのは高齢男性の人魚。
言葉の通じない人魚をベランダのビニールプールで飼い始めるが…という話。
かわいくない魚系の生き物というと、なんとなくシーマン(懐かしい)を思い出した。
この作品の中では人魚は幻の生き物ではなく、同僚に飼ったことがある人がいたり、赤羽に人魚屋があるというのが面白いなと思った。
でも現代では人魚を飼う人自体が減ってしまっているようだ。
人魚の餌やら水槽やらが高額なせいもあるのかもしれない。
この人魚は、飼い主である主人公に夢のような不思議な幻影をみせる。
人間よりもずっとずっと長生きの人魚が見てきた光景など、映し出されたものたちに主人公は色々と考えさせられてしまう。
愚かな人間と純粋な人魚との対比、とかはありきたりな感じがして何だかなって思ったけれど、単純に変な生き物を飼う話として面白かった。
老人の人魚というのも、描写がしっかりしているからかとてもリアルだった。

---

「きんのじ」馳平啓樹

経営が悪化していく自動車部品組み立て工場で働く主人公の話。
その対比として、解散寸前だった人気のないアイドルグループが売れ出していくエピソードがあったり丁寧につくられた話であった。
でも全体的に地味な話で、最後に一寸飛べるとかでもないので、あんまり好みではなかった。

---

選評で吉田修一さんが候補作はどれも「不安をテーマにした作品」と言っていた。

不安な世の中で生まれる、不安な話たち。
不安は嫌だね、内臓をひゅっと掴まれると思いながらも、生きていく限りぽこぽこと生まれたりたち消えたりを繰り返していくのだろうな。
未来をみることが出来ない、でも日々何かを考えずにはいられない生物の宿命的な。
不安を退治するためには案外何かひとつを手放すだけでもよいのかもしれないとも思う。
先入観だったり、いらぬ拘りだったり。
自分の人生の枠を思い込みで決めてしまうから苦しくなるのだし、だからといって何もない荒野にぽつんとかでもそれはそれで心の中に大風が吹いてしまうし塩梅が難しい。
何ごともバランスだな。
たまにふっとバランス崩して不安に捕まって、でも体勢を立て直して不安を引きはがして前へ進む。
不安の全くない人生、それはそれで惚けてしまいそうだからある程度は覚悟して受け入れる。
光を実感する為の、ほんの少しの影。

| | コメント (0)

2012/01/09

第89回 ニューヨークADC賞入賞作品展  (アド・ミュージアム東京)

Img_0591

先日、アド・ミュージアム東京でやっていた「第89回 ニューヨークADC賞入賞作品展」を観てきた。
ニューヨークADC賞は2011年には創立90周年を迎えたそう。
今回展示されているのは、2010年受賞作品。

壁に沿って受賞作品のパネルが並び、中央のディスプレイでは受賞作に関する映像が流されている。
以下、特に気になった作品たち。

---

■キューブフィルム(インスタレーション)
アメリカのケーブルテレビネットワーク放送局HBOによる、屋外インスタレーション。
屋外に設置された大きな立方体の四面がスクリーンになっている。
ある物語を四つの視点から見たものがそれぞれ映し出されており、四つの視点全てを見ることではじめて全貌がわかるという面白い設定。
ちなみにストーリーは、四人の登場人物がでてきて誰が浮気しているでしょうか?というものだった。

日頃自分が見ることができるのは、必ずひとつの視点であって。
こうして四つの角度から物事をみるということ自体がとても新鮮である。
ひとつの視点における情報量なんて本当に限られているのだなという当たり前のことに気付かされる。

---

■SOUR 『日々の音色』(ミュージックビデオ)
4人のクリエーターによってつくられた作品。
遠く離れた場所にいる80名以上が参加したウェブカメラによる映像を用いたミュージックビデオで、モザイクアートのようにテンポよく展開していく映像が面白くて見飽きない。
楽曲のテーマである日々の変化をミュージックビデオとしてこのように表現することも新鮮。

下記で見られます。
SOUR '日々の音色 (Hibi no neiro)'

---

■山水(ポスター)
遠目には中国の美しい山水画に見えるのに、近付いてよく見ると人工建造物と汚染された街並で構成されたものだとわかるという作品。
テーマは明確だしビジュアルの完成度も高いしで、隙のなさがすごい。

そういえば私も小学生の時に環境破壊をテーマにしたポスターを描いたけれど、それってもう随分前のこと。
私たちって一体いつまで環境破壊をし続けるのでしょうね。
街の景観を守ろうとか、そういう意識ももっと浸透しないのかな。
これ以上高いビルもがちゃがちゃした電飾もいらないって思う。いつも。

---

同時開催の「第54回 日本雑誌広告賞入賞作品展」も見て、かなり充実。
その他常設展も広告図書館もあって便利。
折角職場から近いのだから、もっとまめに足を運ぼう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい空気の在処

Img_0590

冷えた空気に包まれて自分の輪郭をはっきりと感じながら街を歩いた。
寒い日の一人街歩きはよく冬のパリでの思い出を喚起して、一人であることを心地よく思う。
街の彩りを自分のペースで目に映して、そして空を見上げる。
そういう時の空はいつも高い。

過去の自分の意志の強さや行動力を他人のもののように羨ましく思うことが最近多かったのは、昨年の春夏あたりからめっきり弱っていたからなのだと思う。
何かを吸収しようと足を運んだり、感じたり、震わせたり、生み出したりすることには。
自分の身体と心のコンディションが深く関わるのだという当たり前のことに翻弄されていた。
壊れた自分の目に映るものの彩りは長く続かない。
光って弾けたものの欠片を掴もうと手をのばしても、うまく掴めない。

2012年になったといっても、昨年からの地続きであるのだから急に何かが変わるわけでもないのだけれど。
でも漠然と空気の流れが変わった感じはする。

海王星が魚座に帰還する今年。
私はよりもっと自分らしく自然に生きていきたい。
なるべくたくさんの時間を穏やかな気持ちで
大切なものを思いっきり大切にして
吸収したいものをどんどん吸収して
そうして生み出していけますように。

そして悲しい出来事の多かった2011年の分、
2012年が多くの人たちにとってあたたかい1年でありますように。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »