« 一年前に過ぎ去ったこと | トップページ | シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―(国立新美術館) »

2011/05/01

お伊勢さんと畏怖

Img_4534

昨年の5月末、初めて伊勢神宮へ行った。
行こうと思って行ったわけではなく、 名古屋に知り合いがいるので一人旅プラス一日案内してもらおうくらいの旅を企画していたら、同僚に「近いから行ってみたら?」と伊勢神宮をすすめられ、行かねばならぬような気がして行った。

外宮から内宮へまわるという、正しいとされる順路で巡ったのだけれど。
外宮の時点で、度肝を抜かれた。
なんだかもう、すごいのだ。
本殿のまわりを取り囲む空気の密度と種類が圧倒的に違う。
重過ぎてぎゅぎゅいと視界が歪む。
なんだろう、ゆらゆらしている。
水の中に濃度の重いものを垂らすと湯気のようになるけれど、あんな感じでね。
私たちを取り巻く普段の空気と圧倒的に違う何かがどっしりと鎮座していて。
そこから発せられる引力ももの凄くて。
そのスケールの違いに、暫し呆然。

私は、普段から目に見えないものを感じやすいほうだとは思う。
それでも。
自分とは圧倒的にスケールの違うものに対する「畏怖」を。
生まれて初めて感じた。

私たちは。
本来そういう畏怖を持って生きていなければならない気がする。
この地球上には。
私たち人間の意志では力量では、絶対的にかなわぬものがあることを。
自分たちが、地球という大きな場所にいさせてもらっている、ほんの小さな生き物であることを。
自然と共生している昔の人にとっては、こうした「畏怖」はもっと当然のようにあるものだったのではないだろうか。
人工物に囲まれてそれらから遠い生活をしている私たちは、備わっているべき感覚が麻痺してしまっているんじゃないだろうか。

伊勢神宮にはなかなか行けないけれど。
近所で強さを感じる場所は、井草八幡。
鳥居の向こうに、伊勢神宮のような濃い密度の空気が横たわっていて。
行く度に、鳥居の外との空気の種類の違いに、ほえーとなる。
ここは伊勢神宮のように「畏怖」を感じる程桁違いなものではないのだけれど。
でも行くと頭が浄化されたのかなというくらい清々しくなるので、度々訪れる。

原発の問題を聞いた時に一番気になるのは。
私たち生物のことだけではなく、地球への影響。
放射性廃棄物は、最終的には人間環境と隔離するために地下深い地層の中に埋設処分されるのであるという。
人間にさえ影響がなければいいやと、人間が触れたくない有害なものを地球の中に埋めるっていうシステム自体がおかしくないだろうか。
私が地球だったら、全身で拒絶したくなる。

地球へ。
畏怖なる存在へ。
攻撃的なことを続けていたら。
いつか私たちは滅びてしまうのではないだろうか。
ジェームズ・ラブロックの「ガイア仮説」に基づいても、
地球にとって有害な生物でい続けたら、地球の自己調節システムによって退治されてしまう。
地球にとっての私たちは、私たちにとっての細菌レベルなのだから。

私たち人間は。
本当はもっと、畏怖の存在を知るべきで。
そして地球をもっといたわっていくべきなのではないだろうか。

ただ、個人でそういう考えに行き着いても。
実際その為に具体的に何をどう自分がアクションしていったらいいのかは難しいなと思うのだけれど、たとえば、周囲に自分の考えを話すだけでも違うのではないかと思う。
「大切にしよう」を心がけて生活していく人が少しずつ増えていくだけでも、何かが一寸ずつよくなっていくはずだから。

良い心で毎日を楽しく過ごすこと。
気張らずに、気付いたことがあったら出来る範囲で実践していくこと。

-------------------------------

■関連記事:リオの伝説のスピーチ

|

« 一年前に過ぎ去ったこと | トップページ | シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―(国立新美術館) »

エコ・環境」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

癒されパワースポット、良いですね。
きっと浄化されて帰って来た事でしょう。
木の写真も良いですね。
パワーを頂ける気がします(笑

投稿: ウサギ | 2011/05/02 10:06

お伊勢さんは本当に桁違いだったので、機会があったらまた行ってみたいです。
この木は伊勢神宮の敷地内にあったもので、ものすごく巨大な木でした。
たしかに写真からも強いパワーが見えますね…。

投稿: *yuka* | 2011/05/04 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一年前に過ぎ去ったこと | トップページ | シュルレアリスム展―パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による―(国立新美術館) »