« Mon dieu | トップページ | 美輪明宏版「愛の讃歌〜エディット・ピアフ物語」(ル テアトル銀座) »

2011/04/16

照射

Img_4914

考えて考えてわからなくなっちゃっても。
とりあえず触手は光の方に伸ばす。
桜はたくさんの光に包まれている。

動くと。
風とか波紋とか。
何かが必ずほんの一寸でも揺れる。
花弁が、はらりと落ちる。

欠損は。
欠けたところを盛り上げようという理由なのか、創作のエネルギーを良くも悪くも齎すから。
よくわからなくなったら、とりあえず様々な衝撃の吸収とアウトプットとにつとめればよいのかもしれない。
描くこと書くことつくること。

|

« Mon dieu | トップページ | 美輪明宏版「愛の讃歌〜エディット・ピアフ物語」(ル テアトル銀座) »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Mon dieu | トップページ | 美輪明宏版「愛の讃歌〜エディット・ピアフ物語」(ル テアトル銀座) »