« 5年 | トップページ | 落花落葉のあと »

2011/02/12

ナマモノ感

Img_2762

リサがこっそり住んでいるらしい、ポンピドゥセンター。中にははいったけれど展示は観なかった。

昔、仕事でパネルを急いでつくらないとならないことがあった。
デザインした紙をパネルに貼ってせかせかとカッターを滑らしていたら、人差し指をざっくりと切った。
慌ててティッシュを巻いて押さえたものの溢れ出す血がなかなか止まらず白い紙に血液がじゅうじゅう染みて滴った。
指は痺れていて痛いんだか熱いんだかよくわからなかった。

それ以来、包丁で野菜を切ることが以前ほど得意ではなくなってしまった。
中学生の頃に家庭科の授業の胡瓜の輪切りテストで一位だったというとーっても地味な経歴もあったのに。

感覚は肉体に宿って、感情は心に宿る。
でも双方の動き方にはとても近しいものがあるように思う。
経験した痛みに対して臆病になるところとか。

そもそも繋がっている、し。
どちらかが弱るともう一方もくるくる手を繋いでスパイラル落下。

面倒だけれどそれがナマモノというものであって、振り幅が大きい程良いことも大きい仕組み。

余談だけれど、週末に「また月曜日がきてしまう」と思うと一寸憂鬱ということのように、考えたところで何も変わらないことに関してはふっと遠くへ飛ばしてしまうことにしようと思った。

|

« 5年 | トップページ | 落花落葉のあと »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5年 | トップページ | 落花落葉のあと »