« 暗闇で猫と眠る | トップページ | 医学と芸術展(森美術館) »

2010/02/28

昇華、花

Fl_01

人は日々たくさんの感情を抱えて生きていて。
正と負の感情の振り幅は押し並べて等しい。

ひりひりと痛くて辛くてただただぽろぽろと涙を流すようなことがあっても
その感情を掘り下げた分だけ何かが必ず豊かになっている。

自分と同じような痛みを抱えた人に会った時に
私はその痛みを知っていてよかったと思う。

他人の痛みに向き合えない人にはなりたくなくて
そのためにはなるたけ沢山の苦しみを知らないといけないのだと思う。

世の中には自分が満たされた途端に鈍感になってしまう人が多いのだけれど
痛みを忘れた時点で其処には本当の意味での豊かさなんてなくて。

走って傷付いて千切れて粉々になって昇華する。
しんどくてもきっとその方が私の性に合っている。

|

« 暗闇で猫と眠る | トップページ | 医学と芸術展(森美術館) »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暗闇で猫と眠る | トップページ | 医学と芸術展(森美術館) »