« ヴィヨンの妻 / 太宰 治 | トップページ | 泣かない女はいない / 長嶋 有 »

2009/09/17

夢、焦がれる、手に入れる。

Img_4059

※六本木の路地で会った子

今週、体調が良くない時期なのに残業続きでだいぶ無理をしていた。
パソコンのキーを叩きながら、たまに意識朦朧・・・。
身体の不調は普段気にならない事をクローズアップし、嫌な考えを誘発する。
そうして多分ぽかんと落ち込んでいた。

昔々、5年前くらいのmixiの日記を一寸読み返した。
書いたことすら覚えていないようなものから、印象深い出来事まで、様々。
そんな駄文の隅に、ある夢、野望、が書かれていた。
そうだ、この時の夢かなってるじゃん。
そういえば、デザイナーになることを夢みていた時期もあった。
今では「デザイナーさん」と会社で括られ呼ばれることに、何の違和感もないくらい自分の仕事になってしまっているけれど。

人は、何かを手に入れてしまうと、それに焦がれていた日々のことを段々と忘れてしまう。
自分にどんどん馴染んで日常になってしまう。
特に私は色々なことを忘れっぽいというか、過去と今の自分をうまく繋げられないタイプの人間なので、今ばかりを見てしまう。
それでもいいのかもしれないけれど、でも気弱になって自分に自信がなくなった時は、ふと思い返してみるといいのかもしれない。
今の自分には何も無い、なんて思うこともあるかもしれないけれど、そんなことなくて。
夢、というと大袈裟かもしれないけれど。
でも、着実に努力をして前はなかったものを手にいれているじゃない、と。
物だけじゃなくて、知識や思考や経験や技術や思い出も。
抱え切れない程たくさんの、自分だけの何か、を。
きっとそれはこれからもどんどん増える。
今は夢だと思っている何かも、いつかは日常に。

|

« ヴィヨンの妻 / 太宰 治 | トップページ | 泣かない女はいない / 長嶋 有 »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

*yuka*が思考したの?

投稿: BlogPetのmintdrop | 2009/09/17 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴィヨンの妻 / 太宰 治 | トップページ | 泣かない女はいない / 長嶋 有 »