« SUMMER SONIC 09 | トップページ | 篠山紀信「KISHIN:BIJIN」BIJIN of THE YEAR 2009(表参道ヒルズ) »

2009/08/11

頂に見えるもの

Img_3958

この、居ても立っても居られない感じ。
焦燥感。
焦り、じりじりと焦がす。
じわじわ。しゅわしゅわ。

ついこの間まで、
ぐるぐると小さなことに足をとられていたせいで
無尽蔵にあるわけではない時間が
ぐしゅぐしゅと立ち止まった足許で不気味に泡立って
無駄に地面に吸い込まれていってしまっていた。

けれど、やりたいことの波たちが
どわんどわんと押し寄せて来た。
あんまりにも急にいっぺんにくるので
ざっぱん、ざっぱん。
どっちを向いて、まずどれから乗り越えたらいいのか。
ゆっくり思案に暮れたいところだけれど
その暮れている時間さえも勿体なくて
ああ、急がなきゃ、急がなきゃと
この間まで無駄遣いしていたことが嘘のように
気が焦る。

それで、気付いたのだけれど。
この間まで私は足許ばかり見ていた。
段差や穴に戦き
もう進めないと駄々をこね
どうして自分の道ばかり険しいのかと感じていた。
そんなことじゃいつまでたっても進めるわけがなく
しっとりと潤っていた時間はあっという間に乾上がってしまう。

でも、顎をしっかりとあげて見たら
私が行きたいところはずっとずっと遠く、大きな山の頂だった。
日が暮れる前に、行かないといけない。
たかが地面の凸凹なんて気にしている暇なんてない。
飛び跳ねてダッシュで向かわなきゃ。
ああ、なんて勿体ないことをしていたのだろうと思うけれど
そんなことをぐじぐじ反省する時間さえも勿体ない。
そう思って走り出してみたら、
この間まで私を悩ませていた段差は
吃驚するくらいちっぽけだった。

早く、早く、早く。
蹴って、跳んで、駆け上がって。
こんなところにいる場合じゃない。
あの頂まで。
早く。

|

« SUMMER SONIC 09 | トップページ | 篠山紀信「KISHIN:BIJIN」BIJIN of THE YEAR 2009(表参道ヒルズ) »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

mintdropは焦燥したかった。
だけど、きのう、自分吃驚するはずだった。
それで波たち思案するはずだった。

投稿: BlogPetのmintdrop | 2009/08/12 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SUMMER SONIC 09 | トップページ | 篠山紀信「KISHIN:BIJIN」BIJIN of THE YEAR 2009(表参道ヒルズ) »