« Jules Julien 「CADAVRES EXQUIS -優美な屍骸-」展(DIESEL DENIM GALLERY) | トップページ | twitterはじめました »

2009/08/09

虹がでる前

Img_3971

※一寸前に高円寺で見た虹

少しずつ自分を摩耗させる、小さなこと。
小さな傷でも、立派にぴりぴり痛む。
でも、自分が本当にやりたいことを達成するためには
人の三倍は努力するべし、なので。
それ以外のことにいちいち躓いて無駄に時間をつかっている場合ではない。
理屈でわかっていても、感情を手懐けて目的地へ向かうのはなかなか難しい。

山田詠美さんがある雑誌で
「自分の涙の音で目を覚ました経験がない人には小説なんて書けるわけがない」
というようなことを言っていた。
音。
涙の音。
悲しみに満ちた世界。
頬をつたう涙が枯れたあと
悲しみはやがて憂いの膜をつくる。
光を複雑に反射するそれは
きっとその人の魅力の一部になる。

明日はいよいよサマソニ。
とりあえずMUTEMATHとエレカシ目当てで行こうと決めたのだけれど、あとは一緒に行く友人おすすめのTeenage FanclubとThe Flaming Lipsも楽しみ。
既に参戦済みの他の友人曰く、今年はめちゃくちゃ暑いらしい・・・。
でも暑いほうが夏らしくていいのかもね。
日焼け&暑さ対策ばっちりして、夏らしく、思いっきり騒ごう。

|

« Jules Julien 「CADAVRES EXQUIS -優美な屍骸-」展(DIESEL DENIM GALLERY) | トップページ | twitterはじめました »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jules Julien 「CADAVRES EXQUIS -優美な屍骸-」展(DIESEL DENIM GALLERY) | トップページ | twitterはじめました »