« Green Tea with Mint の時 | トップページ | 2009 ADC展(クリエイションギャラリーG8 / 銀座) »

2009/07/14

プレートに教えられる

Ruemuf

※以前滞在したアパートのすぐそば、賑やかなムフタール通り

パリの街は、全ての通りに名前がついている。
今、歩いているその道にも。
名もないところをとぼとぼ歩いていると思っても
実はきちんと地図にある道を歩いている。

迷って、暗がりにはいって、些とも抜け出せないと思っても。
足が痛くなるまで歩き尽くめでも。
どんなに小さな通りも、必ずどこかの道に繋がっている。

辛かったら、手近なカフェで珈琲を飲めばいい。
いくらでも休めばいい。
せかせかと大きな道を歩くことばかりが大切なんじゃない。
今歩いているその道の小さな石ころや
へとへとになったその足に
きちんと意味があるのかもしれない。

大丈夫、大丈夫。
私にはそんなことしか言えないけれど。

|

« Green Tea with Mint の時 | トップページ | 2009 ADC展(クリエイションギャラリーG8 / 銀座) »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Green Tea with Mint の時 | トップページ | 2009 ADC展(クリエイションギャラリーG8 / 銀座) »