« 踊り場の風景 | トップページ | ぽんっと »

2009/07/23

その街の今は / 柴崎友香

その街の今は

その街の今は
柴崎友香

奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞の三賞受賞。

---

28歳の歌ちゃんは、勤めていた会社が倒産し、今はカフェでアルバイトをしている。
大阪の古い写真に興味を持つ彼女は、同じ趣味を持つ良太郎という男の子と出会い・・・という話。

街の様子が丁寧に描写され、行ったことがない人でも、そこに今自分がいるような感覚で読み進めることができる。
タイトル通り、大阪の「街」をテーマにした作品。

ただ、街の光景や、主人公とその周囲の人々の描写といった「目で見るもの」の描写が丁寧であるかわりに、人々の内面がちっともみえてこない。
大阪のどこかのカフェの窓際の席に座って、ずーっと行き交う人たちの人間観察をしていたかのような読後感。
街の様子であったり、面白い人であったりをじっくり見たなぁという感じであっても、目の前を通り過ぎた人たちが何を考えて生きているかは結局わからない。
そんな感じで、ちょっとした息抜きに向いている作品かも。
薄いし、さらっと読めるので。
逆に、三賞受賞ということでぎゅーっと詰まった作品を期待して読み始めると少し物足りないと思う。

小説を読んだというよりは、どこかの街の姿を見られる作品。
私が大阪のことをよく知っていたらさらに楽しめたのかも。

|

« 踊り場の風景 | トップページ | ぽんっと »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/30668416

この記事へのトラックバック一覧です: その街の今は / 柴崎友香:

« 踊り場の風景 | トップページ | ぽんっと »