« アヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂 幸太郎 | トップページ | 袋小路の男 / 絲山 秋子 »

2009/02/22

Coldplay Viva La Vida Tour 2009(さいたまスーパーアリーナ)

Img_3673

少し前だけれど、2/12(木)にさいたまスーパーアリーナでやったCOLDPLAYのライブに行って来た。
なんだかんだ、最近さいたまスーパーアリーナに来る機会が多い気がする。
家から遠いし、音も良くないのだけれど、大人数での一体感を感じられるのは良いところ。
サマソニ以来のCOLDPLAY。

今回は平日の19:00開演だったので、仕事後だと間に合わないと思い有給休暇をもらった。
開始直前まで友人とロイヤルホストでビールを飲み、ぎりぎりに会場へ。
今回はアリーナスタンディングのBブロック。
前座を挟んだとはいえ、結局開始したのは20:15頃で、待ちくたびれてしまった…。

“Life In Technicolor”からのスタートは、サマソニと一緒だったかな、たしか。
やっぱりあの曲はスタートにぴったりで、場の空気を見事に高揚させる。

“Yellow”ではたくさんの風船が頭上を飛び交ったけれど、Bブロック後方のこちらまでは来ず。
触りたかったなぁ。

中盤、メンバがわーっと後方へ駆けて移動をはじめると、Bブロック内の人々は軽くパニック。
メンバを追いかけてみんな走る走る!
Bブロック後方に実は用意されていたBステージで演奏が始まると、皆そこ目がけて押し合い圧し合い。満員電車!?というようなプレッシャーに負けずにステージのそばに行くと、かなり間近で見る事ができた。
Bブロック万歳。

“Lovers In Japan”では、日本をイメージした画像が流れ、シュールで面白かった。
そして、カラフルな蝶の紙吹雪がわーっと舞い、なんとも華麗で幻想的だった。

クリスが弾いたエリック・サティの「 グノシェンヌ第1番」もすごく良くて、後で急にサティが聴きたくなってCDを買ってしまった。
「 グノシェンヌ第1番」は、あの不安感をあおるような、何とも不安定な感じがいい。

スケールが大きくて、とてもいいライブだった。
終わったあと、紙吹雪のカラフルな蝶たちをお土産にした。

Vivalavida

Viva la Vida

ドラクロワの「La Liberte guidant le peuple」<民衆を導く自由の女神>を使用したジャケットがいい。
ドラクロワといえば、パリに行った時にドラクロワ美術館に行ったもののぎりぎり閉園時間に間に合わなかった苦い思い出がある。

入り口がすごくわかりにくい美術館で、何度もうろうろした末にそれか・・・という感じでかなりがっかりだった。ドラクロワが死ぬまでの約7年間、実際に生活したアパルトマンとアトリエを見学することが出来るというので、是非行ってみたかったのだけれど。

もっとも、ペール・ラシェーズ墓地でドラクロワのお墓のお参りは無事出来たのでよかった。

Es1
サティ:ピアノ作品集(1)

このCDの演奏者、高橋悠治さんは日本におけるサティ浸透の功労者なのだそう。
サティとドビュッシーって交流が深かったらしい。
どちらも好き。
影を背負ってどこか儚い感じが。

セットリスト(2009/2/12 さいたまスーパーアリーナ)

01. Life in Technicolor
02. Villet Hill
03. Clocks
04. In My Place
05. Yellow
06. Cemetries Of London
07. Chinese Sleep Chant
08. 42
09. Fix You
10. Strawberry Swing
--
B stage
11. God Put A Smile Upon Your Face 〜 Talk (Dance Version)
12. The Hardest Part
13 Postcards From Far Away
--
14. Viva La Vida
15. Lost!
--
C stage
16. Green Eyes
17. I'm A Believer  
--
18. Politik
19. Lovers In Japan
20. Death And All His Friends
---アンコール---
21. The Scientist
22. Life In Technicolor II  

|

« アヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂 幸太郎 | トップページ | 袋小路の男 / 絲山 秋子 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

Coldplayというロックバンド、恥ずかしながら知りませんでした。僕が好きな音楽といえばクラシック(特にオペラ)くらいです。yukaさんはいろんな感性をお持ちですね。興味深く読ませていただいています。

旅のブログへのコメントですが、さきほど登録解除いたしましたので、普通に入れられると思います。失礼いたしました。

投稿: 次郎 | 2009/02/23 21:45

オペラ聴かれるんですね、素敵ですね。
私はマリア・カラスくらいしかわからないのですが、なんだか浄化されそうなくらい美しく響く声がいいです。
クラシックはドビュッシーが好きです。

コメント解除ありがとうございます。
また見に行かせていただきますね。

投稿: *yuka* | 2009/02/23 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アヒルと鴨のコインロッカー / 伊坂 幸太郎 | トップページ | 袋小路の男 / 絲山 秋子 »