« 向かう、届く、青 | トップページ | 書けていないことの備忘録 »

2008/12/01

細胞レベルで

Img_3582_2

※マンションの目の前の景色、を、一寸加工

先日、椎名林檎の10周年記念ライブ「椎名林檎 生 林檎博'08 ~10周年記念祭~ 」に行ってきた。
感想はまた今度書きます。

ライブではやらなかったのだけれど、最近「アンコンディショナル・ラブ」が聴きたい気分。
シンディ・ローパーの曲「unconditional love」のカヴァー曲で、聴くとなんだか泣きそうになる曲。
椎名林檎自身が意訳の歌詞も書いている。

余計なものが一切削ぎ落とされて、
何のフィルターも通らずに、
ただただそのまま浸透して、
皮膚が、心が、細胞が、
感じるだけの愛情。

そんな風に愛情を感じられる、
与えられる、境地。

飢えれば飢える程
きっと
隅々にまで
浸透するのだろう。

------------------------------------
unconditional love

i wanna fall into you
and i wanna be everything you want me to
but i'm not sure i know how
i lose faith and i lose ground

when i see you i remember
unconditional love

if doesn't matter what i say
cause it always seems you're taking me the wrong way
but if you could read my mind
you'd see,i fight myself all the time

when i see you i surrender
unconditional love

standing on a wilder shore
i got my head up in the clouds
i ain't got no sense of direction now

i wanna lie next to you
and i wanna do everything you want me to
but i'm not sure i know how
put your arms around me now

when i feel you i surrender
unconditional love

all you need is

what the world needs
now the word is love

------------------------------------

邦題:無償の愛
訳詞:椎名林檎

あたしは常に飢えている

何の依頼も無しに突如
与えられた身体・時間・意識
それらが奪われるのが何時なのか
はっきりとは
誰も
知らされていない

其れが故
あたしは常に飢えているのだ
自分自身にも
他者に対しても
何の説明も要さない
感じるだけの愛情に

|

« 向かう、届く、青 | トップページ | 書けていないことの備忘録 »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 向かう、届く、青 | トップページ | 書けていないことの備忘録 »