« NOSTALGIE  マグナムの写真家たちが見つめたパリ(CHANEL NEXUS HALL) | トップページ | まあるくなりたい »

2008/09/02

夏の最後の気配

Img_3380

終わりかけたはずの夏。
いつの間にかまた暑さがぶり返し、燃え残りの花火のようにしぶとく光っている。

先日、しみずやでコッペパンに魚のフライやらポテトサラダやらを挟んだお惣菜パンを買って、てくてく善福寺公園へ。
緑が深く茂る公園の中は、蝉をはじめとした夏の虫たちが大合唱。
遠い空に向かって伸びる木々の枝葉は強い太陽の日射しを遮り、虫たちの声を公園の中に閉じ込める。

一人で静かな大合唱を聴きながら、見上げる、空。

ああ、もうすぐ、夏が終わるんだ。

虫の声と、日射しと、緑の気配とから、そう感じた。

私は、
とろとろと、あらゆる境界が甘くなって溶け合う夏よりも、
ぴりりと、ひとつひとつがきちんと孤立する冬が好きで
猛暑の中飲むビールの美味しさはちゃっかり楽しみつつも
早く寒くならないかな、なんて考えている。

Img_3384

誰にでも、エネルギーがもらえる場所ってあると思う。

私にとって、その場所のひとつが善福寺公園。
多分、静かで、人が少なくて、緑の多いのんびりとした場所ならどこでもいいのだろうけれど、家の最も近所でそれを満たす場所はここ。

ドビュッシーを聴きながら、パンを齧りながら、景色を目にしつつ色々なことを考える。
本当は読書もしたかったのだけれど、思いのほかまだ蚊が多くて、断念して散歩に切り替える。

私のいる場所。
私が向かう場所。

たまにこうやって、リセットしないと、何かに知らぬ間に轟々と流されて、目的地とは違った方向に行ってしまう。

公園に、真っ黒い蝶。
地面すれすれをふらりふらりと危なっかしく飛んでいた。
あの子はどこへ行くのだろう。

もう、夏が終わる。

応援のクリックお願いします

|

« NOSTALGIE  マグナムの写真家たちが見つめたパリ(CHANEL NEXUS HALL) | トップページ | まあるくなりたい »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

善福寺公園に行くと、心がやわらかくなりますよね。
私は最近特にかちかちだったので特によく感じます。

よかったら今度瞑想しにご一緒しませんか(#^-^#)

投稿: 紘子 | 2008/09/04 09:33

そうそう、すごくやわらかくなって、すっきりする。
瞑想、いいね。
やってみたい。

投稿: *yuka* | 2008/09/06 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NOSTALGIE  マグナムの写真家たちが見つめたパリ(CHANEL NEXUS HALL) | トップページ | まあるくなりたい »