« 雨宿り中の風景 | トップページ | 空気の色 »

2008/09/19

届いた音

Img_3230

※いつもお寿司屋さんの側にいる近所の野良の子

最近、メールで連絡をとることが非常に多いのだけれど。
郵便受けを開けた時に、友人からの郵便物がはいっていると予想外の嬉しさ。
やっぱり、手で書いたものが、これまた郵便屋さんという人間を介して、時間をかけて届くのって素敵。
時間をかけたものはその長さの分だけ層が厚くなって深くなる。

今日は、友人が私の為につくってくれた、おすすめ曲を集めたCDが届いていた。

秋の夜長にぴったりな曲たち。
もっとも、朝も構わず通勤電車で聴こう。

通勤電車のような気の抜けない人混みでは、音楽で防御していることがある気がする。
入って来れない個人の空間を簡易につくり出せる手段。
そうでもしないと、人混みって疲れる。

応援のクリックお願いします

|

« 雨宿り中の風景 | トップページ | 空気の色 »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

うふふ。
ミスターポストマンがちゃんと届けてくれたようで安心しました。
そう言われてみると、確かにメールと違って「手から手」だね。
集荷の人、配達の人・・・・バトンだ!(笑)

好きな曲を聴いて欲しい人に聴いてもらえることはとても幸せ。
気に入ってもらえるといいな。
まだまだ聴いて欲しい曲たーくさんあるからまた作って送るね♪

投稿: kaoringo | 2008/09/20 00:05

ミスターポストマン♪
メールだと、ボタン一つで電子の世界を通ってぽんって届いちゃうんだけど、手紙って自動じゃないんだものね。
バトンだね!たしかに。

曲たち、ほんとーに嬉しいの。
しかも、好きだ、これ。
聴きこむよ〜。

投稿: *yuka* | 2008/09/20 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨宿り中の風景 | トップページ | 空気の色 »