« 空気の色 | トップページ | 繋がりのスイッチ »

2008/09/23

秋の空の黄色いボート

Img_3414

秋分の日が来て。
名実共に秋の空。

夏の、もくもくと厚く強い雲とは違って、
薄く散った優しく繊細な雲。

おにぎりを竹籠につめて、今日も今日とて善福寺公園。
先日友人がくれた音を聴きながら、公園でぼーっとする。

Img_3411

青い空の下に、幾艘もの黄色いボート。
水泳の授業でバタ足をしたことを思い出すような音で、ぐいぐい前に進んで行く。

たまに、決別したはずのものに足をとられて。
前に進めなくなって。
それでも、やっぱり、進まないといけなくて。
あの黄色い足漕ぎボートのように、何も考えず、ただただ漕いで前に進めたらいいのに。
青い空に映える、あの黄色をまき散らしながら、迷い無く進めたらいいのに。

でもやっぱり、ボートじゃなくて人間だから迷う。
立ち止まる。
でも、それでいいのだと思う。
ほんのすこうしずつでも、前に、進めているのなら。
目的地をわかっているのなら。

応援のクリックお願いします

|

« 空気の色 | トップページ | 繋がりのスイッチ »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空気の色 | トップページ | 繋がりのスイッチ »