« 新しい季節になる | トップページ | 雨宿り中の風景 »

2008/09/15

映画「スカイ・クロラ」

Sky_1 「スカイ・クロラ」
★★
監督: 押井守
原作: 森博嗣
脚本 : 伊藤ちひろ
声の出演 : 菊地凛子 、 加瀬亮 、 谷原章介 、 竹中直人 、 榊原良子 、 栗山千明

映画の詳細情報はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・
先日書評を書いたスカイ・クロラの映画を観てきた。

吉祥寺バウスシアター2なので、座席数50でこぢんまり。
整理番号が1番で、私どんだけ張り切ってんだって感じだったけど・・・。

ストーリーは原作と基本的には一緒。
ショーとしての戦争が行われる時代。
パイロットの函南優一(カンナミユーイチ)は、新たに兎離州基地に配属となり、女性司令官の草薙水素(クサナギスイト)のもとで、働き始める。
永遠に歳をとらないという「キルドレ」とは?
優一の前任者、クリタ・ジンロウはどうしていなくなったのか?
やがて、惹かれ合う優一と水素は・・・という話。
以下、内容にふれていきます。

キャラクターは、原作本を忠実に再現している感じがしてとてもよかった。
小説を漫画化する場合、イメージとは違う!というのが普通は少なからずあると思うので。
あ、でも、ササクラが女性になっているのにびっくりした。
原作を読み誤ったのかと思ったのだけれど、やはり映画だけ女性に変えられていたよう。
ティーチャー(=父)に対する、母なのだとか。

肝心の戦闘機。悪い意味でCGっぽさがでてしまっていたけれど、それでも空中戦の迫力はなかなか凄かった。
原作は詩的で時が止まったような感覚があったけれど、映画はリアルな空中戦。

声優では、唯一菊地凛子が惜しい感じがした。
迫力に欠けるというか、本来存在感が強くないといけないはずの水素のキャラクターが霞んでしまった。

映画のビジュアルは本当に美しかった。
でも、今回大いに不満なのが脚本。
全体的にわかりやすく、予想できる範囲を出ないというか・・・。
特に、ラストにはがっかり。
繰り返される日常からの脱却の為に、優一がとった行動がティーチャーに挑むことだなんて。
それって結局、彼らが背負わされている宿命、「戦闘機で戦う事」から逃げられていないじゃん。
基地を離れるとか、もっと枠組み自体を壊す他の手段があったのではないだろうか。
そして、エンドロール後、優一の生まれ変わりであるヒイラギ・イサムが基地を訪れ、優一の影響で考え方を変えた水素がにこやかに迎え入れるって、完璧想定内の結末だし。
心底がっかり。

この映画は、どうやら現代の若者とキルドレを重ねているらしい。
「毎日毎日、飽きる程同じ事の繰り返し。
でも、そんな毎日も、自分の力でほんの少し変える事ができるのだ。」
そんなメッセージが込められているのだろう。
しかし、使い古されたメッセージな上、それを意味することそのままずばりを優一に言わせてしまうところとか、陳腐だなと思う。
そういえば、戦争に関する水素のセリフも、説明臭くて長過ぎたな・・・。

また、キルドレという、歳をとらず、平和を維持する為のショーとしての戦争の為だけに存在する彼らの宿命について、明らかに描写不足だと思う。
原作を読んでいる私ですらそうなのだから、原作を読まずにこの映画を観た人にとってはもっと馴染まないのではないだろうか。
その存在の特異さ、そしてそういう彼らを必要とする世の中の不気味さや狂った感じをもっと出した方が深みが出たのではないだろうか。
何冊にもわたって出されている原作では多くが語られなくても行間から推察するというのはありなんだけれど、映画でそこをぼかされてしまうと、単なる消化不良で中途半端な要素で終わってしまう。

基本的には難解なところがなく、万人受けする映画なのかもしれないけれど、個人的には非常に不満の残る作品。
イノセンス」の方が面白かった。        

応援のクリックお願いします

|

« 新しい季節になる | トップページ | 雨宿り中の風景 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
以前よりお邪魔させていただいています。

森博嗣、好きな作家です。映画を見に行こうか迷っていたのですが(ex.がっかりしたらいやだなあ)、記事を読んで逆に安心して行けるような気がしてきました。
画面の美しさを見に行こうと思います。

投稿: kyoko | 2008/09/18 00:05

はじめまして。
以前から来て下さっているんですね、凄く嬉しいです。

映像の美しさ、キャラクター再現の忠実さで、森博嗣ファンとしてそれだけでも十分喜べます。

ストーリーも、あくまで私にとって結末ががっかりだっただけで、感じ方はそれぞれだと思うので、観てみてほしいです。

投稿: *yuka* | 2008/09/18 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/22947849

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スカイ・クロラ」:

« 新しい季節になる | トップページ | 雨宿り中の風景 »