« しょうがの味は熱い / 綿矢りさ | トップページ | 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴィチまで」(Bunkamura) »

2008/08/17

猛暑の道

Img_3317_2

※西荻、それいゆへ行く途中

前に進めなくなる時。

取り敢えず立ち止まってみるか。
少しだけ引き返して違う道を進んでみるか。
そもそも進む方向を変えてみるか。

歩き疲れてくらくらとしてしまった時は
下手にその場で結論を出さずに
まずは涼しい喫茶店でアイスコーヒーでも飲みながら
体調を整えるべきなんだろうな。

わかっていても
ある時突然
もういいやって、
大切に大切に両手に抱えていたものを全て放り出したくなる自分がいる。

いつもは見えているものが
いつもは決められていることが
他人の目を通して見ているかのようによくわからなくなってしまう時。
自分がわからなくなってしまう時。
そういう時って、やっぱりどこか無理しているのだろうな。

自分らしく進みたいのに暑さで頭が働かなくて
それって
たまにはよくても
ずっとは疲れる。
じわじわと自分を弱らせる暑さで
自分らしい歩き方がわからなくなる。

そろそろ目的地自体を変えるべき時期なのかもしれないなと
珈琲を飲みながらぼんやりと考える。

応援のクリックお願いします

|

« しょうがの味は熱い / 綿矢りさ | トップページ | 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴィチまで」(Bunkamura) »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

人生は長いのか短いのか、、、
でも全てのことには何か必ず意味があって、自分の心が無理していると感じているのならば、休憩も、回り道も、別れも、捨て去ることだって、それは正しいことなんだろうね。きっと!
無理して歩き続けてバタッと倒れてしまうまえに、勇気を持たなければね・・・。

投稿: kaoringo | 2008/08/17 20:45

そうだよね〜。
あれもこれも意味があるのだよね。
そして、経験したうえでやっぱり無理な事は無理なんだよね・・・。
「勇気を持たなければ」
いい言葉だね。
ありがとう。

投稿: *yuka* | 2008/08/17 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しょうがの味は熱い / 綿矢りさ | トップページ | 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴィチまで」(Bunkamura) »