« 映画「クワイエットルームにようこそ」 | トップページ | 映画「潜水服は蝶の夢を見る」 »

2008/07/21

映画「ネコナデ」

Nekonade02 「ネコナデ」
★★
監督:大森美香
出演:大杉漣、青山倫子、黒川芽以、入山法子、もたいまさこ

映画の詳細情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
渋谷のユーロスペースで「ネコナデ」を観て来た。

鬼人事部長として、企業の大規模なリストラをすすめてきた鬼塚太郎。
胃薬を常用する程のストレスを抱えていた彼の人生が、仔猫との出会いで変わっていく・・・という話。

タイトルの「ネコナデ」は、猫をなでることかなぁと思っていたのだけれど、作中で大杉蓮が「猫なで声はやめろ!」と言っていたので、どうやら猫なで声の「ネコナデ」のよう。

不要な社員をばしばし切って捨てている彼が、捨て猫を拾ってしまうところが面白い。
猫の前でだけ、無理をしていない素の自分に戻っている。
でも今まできっと家族の前では「ペットなんて駄目だ!」と言っていたのであろう、猫を拾ってきたことを言えず、結局仕事で借りているウィークリーマンションの一室で猫をこっそり飼うことにしてしまう。
Nekonade01 厳しい鬼部長が、猫グッズをもってトラのところに走って行く姿はとてもかわいい。
トラにむかって
「お前といると胃痛が治まる。人生で初めてだ。私が先のことを考えていない」
と語りかけるところなんかもじんとくる。

兄弟かもしれない仔猫を拾った人に、「兄弟だと思うから今度会わせましょう!」と言いに行っちゃうあたりはやり過ぎで面白い。いやいや、普通そういうことしないでしょ、みたいな。猫バカに拍車がかかっている。

ストーリーだけみると、結構単純。
猫によって本当の自分に気付かされる鬼部長。
厳しい新入社員研修に文句を言いつつも、研修を乗り切った後にはひとつになっている新入社員たち。
猫を捨てる若者は悪者。
私は本当はそういうベタベタなストーリーってあんまり好きじゃないのだけど、
いいの。
猫がかわいいから
って気持ちになる映画。
大杉蓮との組み合わせが絶妙だし。

ただ、ウィークリーマンションで1匹じゃ、夜は1匹だしかなり寂しいのではと一寸気になった。
あと、ヒマラヤンじゃなかったヒラヤマンは結局どうなったんだろう・・・(笑
そういえば猫オークション詐欺をやっているもたいまさこのキャラもかなり面白かった。

撮影後、トラは大杉さんの家で飼う事になったとか。
ええ話だ・・・これぞまさしく縁ですねぇ。

結論。
猫は、いい。

応援のクリックお願いします

|

« 映画「クワイエットルームにようこそ」 | トップページ | 映画「潜水服は蝶の夢を見る」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/22449204

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ネコナデ」:

« 映画「クワイエットルームにようこそ」 | トップページ | 映画「潜水服は蝶の夢を見る」 »