« 「シュルレアリスムと写真 痙攣する美」(東京都写真美術館) | トップページ | 再婚生活 / 山本文緒 »

2008/06/06

窓から出るための翼

Img_2488

※パリ、アパートの踊り場から見た風景

たまに、ふとパリに飛びたくなる。
一年くらい、ぷらっと行きたいなぁ、なんて。
でもそんな私のストッパーになっているのは、猫たち。
私の根っこを、二匹の猫がくわえている。
本当に愛おしい存在。

最近また、インプットとアウトプットの時期が戻って来た。
戻って来たのはいいのだけれど、残業が多くて物理的に色々出来なかったりもする。
今のプロジェクトが終わるまではこんな感じなんだろうけれど、でも充実感と気持ちの余裕があるので、日々満たされている気がする。
さざ波がたつことはあるけれど、その波の意味がだいたいわかるので、大きな波になってしまうことはない。

最近、何人かに「*yuka*のようになりたい」と言われた。
何にも流されず、自分をしっかり持っているところが羨ましい、と。
強くなりたいと。
羨ましく思ってもらえることって、素直に嬉しい。

若い頃は、驚くくらい今より世の中が見えていなかった。
そんな磨り硝子越しの世の中は、いつの間にかクリアになっていた。

今週末は久々に絵を描く時間がとれるかもしれなくて、一寸わくわく。
仕事でパソコンで絵は描いているけれど、やっぱりアナログで鉛筆でがりがりしたい。
手を真っ黒にして描きたい。

応援のクリックおねがいします

|

« 「シュルレアリスムと写真 痙攣する美」(東京都写真美術館) | トップページ | 再婚生活 / 山本文緒 »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「シュルレアリスムと写真 痙攣する美」(東京都写真美術館) | トップページ | 再婚生活 / 山本文緒 »