« 小田原城(湯河原2008) | トップページ | ブレッド&サーカス(湯河原2008) »

2008/04/20

まだまだ桜

Img_3167

※湯河原でまだ咲いていた桜

湯河原旅行記の途中ですが・・・今日は普通のつぶやきで。
旅行記はまた次回アップします。
そういえば書きたい書評もあったな・・・。
早く書かないと忘れそうだ。

今ここで書いておきたいなと思ったこと。

冬の寒さときちんと向き合った経験のある人は、
春がやって来た時に
春の暖かさに気付き、愛でることができると思う。
日本って四季がちゃんとあって素敵ですよね。
これがもし冬のない国だったら、暖かさは当たり前になってしまうから、冬を知っている人のようには暖かいって感じることが出来ない。

もし、今一人で、(恋人がいない、でも、友達と会ってないなぁ、でも、家族と離れているから、でも)
寂しいと思うことがある人がいたら。
その寂しいっていう時間は、必要だから与えられているもの、らしいです。
春が来た時の暖かさをよりしっかりと感じる為に、必要な冬、らしいです。

冬も冬で、考え方によってはいい季節だったりもしますけどね。
夏には冬が恋しかったり。
ちなみに私は四季で言ったら、夏より冬の方が好きだったりします。

応援のクリックおねがいします


|

« 小田原城(湯河原2008) | トップページ | ブレッド&サーカス(湯河原2008) »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私も「冬」が好き。
きっと「冬」が好きだから、悪くないと思っているんだよな、本心のどこかで。

でも、ひとりは寂しいヨォォ~。

投稿: snow | 2008/04/21 01:19

最後の叫びが、なんかかわいい(笑

そうそう、冬も悪くないよね。
私も寂しい病になる時ってあるんだけど、
でも必要な経験なんだって思うとちょっと気持ちが軽くなるんだよね。

投稿: *yuka* | 2008/04/21 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田原城(湯河原2008) | トップページ | ブレッド&サーカス(湯河原2008) »