« ブレッド&サーカス(湯河原2008) | トップページ | 蕎麦「安楽」(湯河原2008) »

2008/04/27

阿しか里(湯河原2008)

湯河原の駅からタクシーで一寸行ったところにある、「阿しか里」が今回の宿泊先。
おしゃべり好きなタクシーの運転手さんから観光情報を聞きつつ、宿へ。

Img_3096

到着時に出された桜饅頭がかわいい。

Img_3113 Img_3114

温泉に行く前に、宿の庭園をお散歩。
結構広くて、桜やつつじ、蜜柑の木などなど色々楽しめる。

Img_3107_2

枝垂れ桜も見事。

一通り見終わったらいよいよ温泉へ。
荷物を入れる為の和風のかわいい小バッグが浴衣と一緒においてあって、こういう心遣いっていいなぁって思った。

庭園露天風呂は男性と女性交替制で女性は朝なので、大浴場へ行く。
そこも露天風呂があって、こぢんまりとした雰囲気がなかなかよかった。

温泉の後は、晩ご飯。
浴衣で部屋で食事をするのって、温泉の醍醐味。

今回は、桜づくしのコースにしたので、桜、桜、桜。

Img_3121_2 Img_3122_2

先付:桜花豆腐美味出し、細魚花鮨し、桜花筍、きんき粕漬け、合鴨ロース、春山鮑、南瓜茶巾

吸物:若筍椀(桜そば、嫁菜、木の芽)

凌ぎ:桜花ごはん

Img_3123

造里:初鰹たたき造里とバラフ、近海の白身、赤貝、牡丹海老、

Img_3124 Img_3126_2

強肴:湯葉花籠万頭(芝海老、蟹、帆立、干し海老餡)

焼物:桜鱒二色焼、蛍烏賊黄味揚、蓮根

Img_3127 Img_3129

蒸し鉢:甘鯛道明寺蒸し、百合根

留肴:赤身鮪湯引き、青柳、山葵酢

留椀

Img_3131

甘味:豆乳抹茶プリン、タピオカの赤ワイン煮、西瓜、枇杷

小田原の地酒「火牛」とともに楽しんだ。
料理が非常に丁寧で、まんべんなく美味しく、特に、甘鯛道明寺蒸しが絶品。
量も適量だし、かなり完璧。

Img_3137

寝る前にはエステルーム京で全身のエステを1時間うけた。

極楽な状態のまま部屋へ戻りリラックス。
サービスの桜キャンドルに灯を点してのんびり・・・。
ぐっすり眠った。

朝、庭園露天風呂へ。
緑に囲まれてはいるお風呂っていいなぁ・・・森の中っぽい。

Img_3146

やっぱり旅館の朝食って、この品数の多さが素敵。
ご飯は白米か玄米を選べるので、玄米にしてもらった。
できたてのお豆腐が美味しい。

Img_3161

旅館内は、一寸したところにお花が飾ってあって、いい雰囲気。
お部屋も、お風呂も、ご飯も、サービスも、雰囲気も。
全部が私好みで、いい宿だなぁと思った。


【湯河原旅行2008】-----------------

ロマンスカーVSEに乗って出発

パン屋「守谷のパン」

小田原城

パン屋「ブレッド&サーカス」

旅館「阿しか里」

蕎麦「安楽」

パン屋「箱根ベーカリー」

----------------------------------

応援のクリックおねがいします

|

« ブレッド&サーカス(湯河原2008) | トップページ | 蕎麦「安楽」(湯河原2008) »

「旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/20612381

この記事へのトラックバック一覧です: 阿しか里(湯河原2008):

« ブレッド&サーカス(湯河原2008) | トップページ | 蕎麦「安楽」(湯河原2008) »