« 桜咲くオフィス街 | トップページ | 試着室 / 金原ひとみ »

2008/03/31

寒空の桜

Img_3059

先週末、善福寺公園でご近所繋がりでお花見。

今にも泣き出しそうな空模様、午後は降水確率50%。
私はだいぶ遅れて向かったので家を出た時には雨がぽつぽつ。
「どうか私が着くまで雨が降りませんように」と空にお願いしたら、降り始めた雨がいったん止んで、本当に私が到着するまで天気がもってくれた。
そういえば以前も、旅行中天気が雨で、でも車から降りる度に雨が止んでくれるとかあったなぁ。
お空に感謝。

最近思う事。
何かを悩む事、辛い事、というのは
その人が「辛い」って思うならそれは「辛い」わけで。
周囲が辛いかどうかジャッジすることではない、という事。

例えば、一寸した仕事のミスで落ち込んで泣いてしまっている人Aさんがいるとして。
「なんだそんな小さなことでくよくよして、泣くようなことかよ。俺なんてリストラを経験ししているんだぞ!」という人Bさんがいるとして。
Bさんには仕事のミスは泣くほど辛い事ではないのだろうけれど、私はこのBさんの言い分はおかしいと思う。

人にはそれぞれの悩みの檻っていうのが必ずあって、大きな檻、小さな檻、固い檻、柔らかい檻と様々だけど。
大切なのは、たとえ形が違っても、それはどれも本人にとっては辛く苦しいものだということ。それが辛いことなのか辛いことじゃないのか決めるのは本人であって、周囲の人が決めるようなことではないということ。
Aさんが辛いって言っているなら、それは辛いんだ。

世の中には不幸自慢をして、周囲の人の痛みに鈍感な人っていると思う。
人の悩みを悩みと認定せず「なんだそんなことで」と簡単に片付けてしまう人。
どのポイントで痛さを感じるかというのはその人の経験や感じ方で全然違うから、私はどんなに些細な悩みでも、大切な人の辛さはきちんと受け止めてあげたいって思う。
受け止めて認めた上で、心を軽くするようなことを言ってあげたい。
やってあげたい。

応援のクリックおねがいします

|

« 桜咲くオフィス街 | トップページ | 試着室 / 金原ひとみ »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

Yukaさんがすごくやさしいと思います。
感動させましたよ、本当に。

投稿: シコウ | 2008/04/01 18:10

うーん、いい事言うなあ。
ちょうどこの間、別の友達ともそういう話をしていたよ。

投稿: snow | 2008/04/02 00:00

*シコウさん
わー、嬉しいです。
あとは考えた事をいかに実践できるかですね。

*snow
じゃぁタイムリーな話だね。
もあもあ考えていたので、ばーっと文字にしてみたらすっきりしたよ

投稿: *yuka* | 2008/04/05 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜咲くオフィス街 | トップページ | 試着室 / 金原ひとみ »