« ピンクの可能性 | トップページ | ペットボトル / 宮崎誉子 »

2008/02/09

月に負け犬の桜論

Img_2612

最近、東京は雪が多い。
冷たい空気で街中コーティングされているみたい。

最近気付くと「月に負け犬」の一節
「好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ」
がくるくるまわっている。

**********************
「月に負け犬」

作詩:椎名林檎 作曲:椎名林檎

好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ
虚勢を張る気は無いのだけれど 取分け怖いこと等ない

此の河は絶えず流れゆき
一つでも浮かべてはならない花などが在るだろうか
無い筈だ
僕を認めてよ

明日 くたばるかも知れない
だから今すぐ振り絞る
只 伝わるものならば 僕に後悔はない

何時も身体を冷やし続けて 無言の季節に立ち竦む
浴びせる罵倒に耳を澄まし 数字ばかりの世に埋まる

上手いこと橋を渡れども
行く先の似た様な途を 未だ走り続けている
其れだけの
僕を許してよ

逢いたい人に逢うこともない
だから手の中の全てを
選べない 日の出よりも先に 僕が空に投げよう

吐く息が熱くなってゆく

**********************

そう、明日のことなんて全くわからないから、後悔なんてしたくないから、私は好きな方好きな方に突き進んで生きている。

でも世の中はそうそうポジティブな人ばかりではなくって。
私は何らかのかたちでそういう人たちの荷を少しでもおろしてあげられたらっていつも思う。

明日も雪ですかね。
寒さ厳しい季節がきちんとある程、春の桜は美しい。
人間と同じですね。
厳しい時期を乗り越えてこそより輝ける。

応援のクリックお願いします

|

« ピンクの可能性 | トップページ | ペットボトル / 宮崎誉子 »

「空」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/10362395

この記事へのトラックバック一覧です: 月に負け犬の桜論:

« ピンクの可能性 | トップページ | ペットボトル / 宮崎誉子 »