« 雪の上を駆け回ってみる? | トップページ | 空虚の底で響きわたるもの »

2008/02/06

闇に降る雨の中で

Img_2439

※夜のパリ、セーヌ川のほとり

椎名林檎の曲は、急に聴きたくなるものが多い。
私はアルバムなら「加爾基精液栗ノ花」が一番好きなのだけれど、なんとこれMacでは聴けない・・・。
コンポが壊れてからiTunesで音楽を聴いているので、聴きたくても聴けない。

なんだかむしょうに聴きたくなって聴いていた「闇に降る雨」
バイオリンのあの音色がすごく聴きたくて。
バイオリンの直線的な動きと雨の残像が重なる。

**********************

闇に降る雨
作詞・作曲/椎名林檎 編曲/亀田誠治、椎名林檎

余りの暑さに目を醒ましさっき迄見ていた夢の中
東西線はあたしを乗せても新宿に降ろしてくれなくて

辿り着けない
此処に欲しい腕や髪や首筋
貴方の嫌う生温い雨に濡らされてゆく

貴方に降り注ぐものが譬え 雨だろうが運命だろうが
許すことなど出来る訳ない
此の手で必ず守る
側に置いていて

天気予報が外れてばかりの毎日が見させた嘘の闇
高揚も時めきも溜め息も消耗しやがて失くなりそうで

招きたくない
空々しい土の香や向日葵の
すぐにも迎う馨しい絵画と化する日など

貴方を知り尽くすことが譬え 可能だろうが不可能だろうが
満たされる日が来る筈もない
身体が生きている限り
側に置いていて

貴方に身を委すことが譬え 危険だろうが安全だろうが
留め金などが在る筈もない
全て惜しみなく挙げる
貴方に降り注ぐものが譬え 雨だろうが運命だろうが
許すことなど出来る訳ない
此の手で必ず守る
側に側に置いていて

**********************

応援のクリックお願いします

|

« 雪の上を駆け回ってみる? | トップページ | 空虚の底で響きわたるもの »

「空」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/10280083

この記事へのトラックバック一覧です: 闇に降る雨の中で:

« 雪の上を駆け回ってみる? | トップページ | 空虚の底で響きわたるもの »