« 闇に降る雨の中で | トップページ | ピンクの可能性 »

2008/02/06

空虚の底で響きわたるもの

Img_2938

先日映画評も書いた、リリイ・シュシュの曲もむしょうに聴きたくなるもののひとつ。
リリイは映画の中のアーティストで、実際にうたっているのはSalyu。

澄んでいるのに影の濃い雰囲気の曲たち。
よく冷えた水のように、きーんと主張しながらもしみわたっていく音楽。

流れていく身体の中に空虚な石がぽちりと。

**********************

共鳴 (空虚な石)
作詞・作曲:Takeshi Kobayashi

長い道は 曲がって ここへ来てる
その先にも続く
時だけが 静かに刻んだ

大人になりかけて やめてしまった
心の内側で
何枚もの 鏡を見つけた

あなたに会う喜び あなたに会う切なさより苦しいのは
まだ私の心の中に 空虚な石が潜むから

生きていくためだけに 生まれてきた
他に意味があるの
それが何か 愛という言葉か

道の端で破れたポスターに書かれている言葉に目をやる
「愛はここに 神はあなたの中に」そこで途切れてる

宇宙の先、魂の果てで

この肉体の中から 響きが生まれて あなたに辿り着いて
共鳴する 言葉の意味を超えてひろがる
あなたに会う喜び あなたに会う切なさより苦しいのは
まだ私の心の中に 空虚な石が潜むから

**********************

応援のクリックお願いします

|

« 闇に降る雨の中で | トップページ | ピンクの可能性 »

「空」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/10298402

この記事へのトラックバック一覧です: 空虚の底で響きわたるもの:

« 闇に降る雨の中で | トップページ | ピンクの可能性 »