« 春ひそむ空気 | トップページ | 『人のセックスを笑うな』音楽の夕べ »

2008/02/29

見上げた先に

Img_2731

※パリ、小径を抜けた先

八方塞がり、のような気がする時。
そういう時の壁は、実は自分自身で決めていると思う。

この写真のように、上空に抜け道があったりね。
抜けられない道なんてあるわけがない。
要は自分がどこへ行きたいのか?なわけで。

最近また無性にパリへ飛びたくなる。
パリへ飛んで、本当の一人ぼっちになりたくなる。
その本当の一人ぼっちに最適なのは、寒い季節なんだけどね。
もう暖かくなるなぁ。

規則正しく出勤している反動かしら。
ああいう、THE会社員 みたいな生活が、自分に最適でないこともよくわかっているのだけれど、とりあえず当面の適職と決めているので苦痛でもない。

ただ、元来ぼーっと考え事をしやすい性質なので、出勤する時、帰宅する時、人の流れに従いながら現実感を喪失していることがある。
音が遠くなり、自分自身がすーっとあがっていきそうな感覚。
はい、ぼーっとし過ぎです・・・。
前向いて歩きます・・・。

応援のクリックおねがいします


|

« 春ひそむ空気 | トップページ | 『人のセックスを笑うな』音楽の夕べ »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

あ、あたしの考えがすべてYUKAに書き出された。同じ感覚、同じ思い、何もかも同じですよね。。。

投稿: シコウ | 2008/02/29 12:37

あ、なんか嬉しいです(笑
繋がっているかんじですね!
価値感も近いんですね、きっと。

投稿: *yuka* | 2008/02/29 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春ひそむ空気 | トップページ | 『人のセックスを笑うな』音楽の夕べ »