« 遠く遠くに | トップページ | 青色讃歌 / 丹下健太 »

2008/01/24

雪舞う時に眠る猫

Img_2931

※ホットカーペットでぬくぬく中のうちのこ

昨日は雪だった。
朝起きてカーテンをあけると、白くて小さいものが一面にひらひらひら。
寒くても何だか一寸嬉しかった。
玄関横に置いてある植物にも、雪がうっすらと積もっていた。

毎日うがいしているにも関わらず、毎日ビタミンCを摂取しているにも関わらず、またもや風邪子だった私。
今週はオシャレなど色々なことにやる気がない。
睡眠をなるべくとらないと身体がもたないのだから仕方ないけれど。

風邪や疲労で煩悩が薄れていく様は、ある意味心地がいい。
色々考え過ぎて疲れている人は、思いっきり風邪ひいて寝込んでみるのもいいのかも。
あ、私は気持ちが疲れていたわけでもないのに風邪ひきましたが・・・。

煩悩が欲する「余分」は、時には毒で時には薬。
無くても生きていけるけれど、毒を恐れて全く無くしてしまった人生なんてそれはそれで味気ない。
体調不良で寝込むとき、そういった「余分」を一度リセットするのかも。

応援のクリックお願いします

|

« 遠く遠くに | トップページ | 青色讃歌 / 丹下健太 »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/10055617

この記事へのトラックバック一覧です: 雪舞う時に眠る猫:

« 遠く遠くに | トップページ | 青色讃歌 / 丹下健太 »