« 映画「サーフズ・アップ」 | トップページ | パリ、ジュテーム / 古閑 万希子 »

2008/01/01

映画「アメリ」

Amelie

「アメリ」
★★★★★
監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演: オドレイ・トトゥ 、マチュー・カソヴィッツ

映画の詳細情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前映画館公開時に観たのだけれど、パリのアパートにあったので久々に観た。

「アメリ」に関しては今更解説するまでもない気がするけれど、簡単に説明すると、パリに住む空想好きな女の子アメリ・プーランの物語。
全編絵本のようなあたたかさと美しい色彩に満ちた素敵な映画。

パリのレンタルビデオ屋さんでも、未だに目立つところに置いてあったので、パリジェンヌたちにとっても名作なのでしょうね。

前回観た時よりも、よりパリに詳しくなってから観たので「あ、ここはあそこだ!」など、登場する街並自体を楽しむことができた。
美術に徹底的に拘っているので、ある意味パリよりもパリらしさ満載な映画だと思う。
理想のパリという感じ。

自分の殻にこもっていたアメリが、周囲を少し突っついたら思いのほか反響が大きくて、周囲の人と関わる事が楽しくなっていくというところは、とてもかわいらしい。
ドミノとか、石投げみたいな感じ?
コツン、トッ、トッ、トッ、トッ・・・。
まぁ、少々暴走気味なところがあるのは否めませんが(笑
あとはアメリの恋愛の仕方とか少し首を傾げたくなるところもあるけれど、雰囲気を堪能できればいいやと思える類いの映画。

DVDにメイキング映像などもはいっていたのだけれど、そこで語られる監督の拘りがすごい。
実際に撮り始める前の、綿密なカメラテスト。
考え抜かれたアングル。
完璧主義者といってもいいくらいの姿勢。
これだけ拘っているからこそ、あれだけ美しい映画になったのだなぁと思った。
やっぱり、きちんとプロな仕事って気持ちが良いですね。

応援のクリックお願いします

|

« 映画「サーフズ・アップ」 | トップページ | パリ、ジュテーム / 古閑 万希子 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/9677088

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「アメリ」:

« 映画「サーフズ・アップ」 | トップページ | パリ、ジュテーム / 古閑 万希子 »