« 対岸の彼女 / 角田光代 | トップページ | 西荻それいゆのチーズカレー »

2007/12/13

道をお尋ねします

Dvc00008_2
※実家の庭にいた野良の子。

自分の辿って行くべき道が
くっきり見える時と
見えなくなる時がある。

霧に巻かれて
あれ、こっちかな?と進んで行ったら
もしかしたら遠回りになるかもしれない。
道を戻ってしまうかもしれない。
そんなことが怖くて動けなくなる時。

でもどっちだろうと必ず人は前に進むから
えいやでとりあえずの一歩を踏み出してしまえばいいのかもしれない。
自分のいた位置が変わるだけで
違った角度から何かが発見できるかもしれないから。

応援のクリックおねがいします


|

« 対岸の彼女 / 角田光代 | トップページ | 西荻それいゆのチーズカレー »

「心と体」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

なんかいい文章だなあ。
「必ず人は前に進むから」かあ。

「間違った道だった」って自分が思わない限り、
間違った道はないからね。
「違う角度から見えて楽しい」って自分が思えば、
すごく前向きな感じだよね。

投稿: snow | 2007/12/15 01:09

ありがとう。

最近、ぐるぐる気味なので、
気持ちを前向き前向きに意識的にシフトしてるよ〜。
人生ってほんと気の持ちようだよね。
「なんでこうなっちゃったの!」って捉えるのか
「こんなことに挑戦できて嬉しい」って捉えるのか・・・とか。

投稿: *yuka* | 2007/12/15 12:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対岸の彼女 / 角田光代 | トップページ | 西荻それいゆのチーズカレー »