« ビスロカフェ epices エピス (吉祥寺) | トップページ | パーク・ライフ / 吉田 修一 »

2007/10/09

流れ行く秋晴れの空

2007091

空がすーっと高くて
雲がぐんぐん流れて行った秋晴れの空。

遠くに細切れの雲。
手前に塊の雲。

ビルの隙間から覗く空は、
ビルの輪郭で削り取られている分だけ、ひーんと高く澄んでいる。
ぼわーっと見ていたくなる、空。

体調がやっと良くなって思う事。
やっぱり、体調不良は不安を誘発する。
来月のパリ行きが急に不安になったり。
自分の今後の事が漠然と心配だったり。
ベッドでぐったりごろごろしながら、眠れない夜に猫の重さをうんうん感じながら、頭痛の芯で考え事。

気持ちが回復すると、あの時自分が押しつぶされそうになっていた不安の正体って何だったのだろうと思う。
自分が弱っている時にだけやってくる、妖怪みたいなもんかね。
そんなこというと妖怪さんに怒られるか。
「そんなにネガティブなことばっかり考えていると、妖怪◯◯がくるよ」とかありそうじゃない?
「勿体ないお化け」みたいな・・・。

そうそう、あと、横になって考え事をすると前向きに考えられないらしい。
横になった「地に近い状態」というのは、死を連想させるからマイナス思考になりやすいのだとか。
つまり体調不良で横になっている時の考えごとって最悪。
気をつけようっと。

応援のクリックお願いします


|

« ビスロカフェ epices エピス (吉祥寺) | トップページ | パーク・ライフ / 吉田 修一 »

「心と体」カテゴリの記事

「空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビスロカフェ epices エピス (吉祥寺) | トップページ | パーク・ライフ / 吉田 修一 »