« パリへの道 | トップページ | 展覧会評一覧追加 »

2007/10/14

映画「さくらん」

Sakuran「さくらん」
★★☆☆☆
監督:蜷川実花
出演:土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃 、菅野美穂 、永瀬正敏
原作:安野モヨコ
音楽:椎名林檎

映画の詳細情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
吉原遊郭「玉菊屋」に8歳の時に売られて来た、きよ葉。花魁・粧ひの手練手管の挑発にまんまと乗せられ吉原一の花魁になる決意を固めたきよ葉は、きよ葉を妬む花魁・高尾の嫌がらせにも負けずに、人気遊女への道を駆け上がっていく。
やがて花魁となったきよ葉は・・・という話。

写真家 蜷川実花初監督作品。
原作 安野モヨコ、音楽 椎名林檎、主演 土屋アンナ・・・と公開前から話題になっていた。

気になりつつも、評価があまりよくないことも知っていたので、期待せずに借りてきた。

まず、色彩が非常に美しい。
蜷川実花らしい色、色、色の洪水。
びいどろの中、透明感のあるブルーに鮮やかな金魚の赤。
極彩色の柄が描かれた襖と遊女の艶やかな着物。
あれだけ色を使っているのに常に画面が美しいのは、彼女の抜群の色彩感覚の成せる業だと思う。
彼女の写真集がそのまま映画になったような世界感は素晴らしい。

071014_233016そして、菅野美穂の存在感が抜群。
美しく強い女性、花魁・粧ひ。
その役を見事に演じる事ができている。
粧ひが三枚歯下駄を履いた足で内八文字にて優雅に練り歩く場面には目を奪われる。
これはいわゆる、花魁道中。

「花魁」は遊女の中では一番ランクが高い太夫の呼び名で、江戸に吉原ができたときに、見習いの少女が太夫のことを「おいらんちの姉さん」と言ったのが起源なのだとか。

花魁には美しさだけではなく、高い水準の教養も求められる。
吉原で花魁と遊ぶと、今の金額で数百万が無くなったらしい。
花魁と会う為には客が守らないといけないしきたりもあったらしいし、花魁クラスの遊女は客よりも上位で気に入らない客はとらないという話もある。
それもふまえて見ると粧ひの存在感がさらにぐっと増す気がする。

でも、菅野美穂以外の役者がかなり酷い。
酷いといっても、いわゆる大根とかそういうことではなくて、これはひとえに監督のせいだと思う。
役者の魅力を全く引き出せていない。
特に、木村佳乃は・・・なんだかギャグのような存在になってしまっている(汗
子役の子なんて、セリフ棒読みだし。
子役は特に、生かすも殺すも監督次第だよなぁ。
岩井監督はそういうのがうまいのだよね。

071014_232915

カメラワークも平凡だったり下手だったり・・・なんだか昔の劇とか見ているような感じがする。

そして、ストーリーがとにかく酷い。
笑っちゃうくらいベタベタな先が読め過ぎる展開なので、途中で飽きてしまい、ついうちの猫と戯れてしまった。あんまりにも退屈で。
セリフもねぇ、なんかどこかで聞いたような表現が多いし。

また、人物の心情を深く描けていないので、観ている側はちっとも感情移入ができない。
惚れたのなんだのあっても
「え、本当にあなたこの人のこと好きなの?」
と言いたくなる。
こちらがその世界にはいっていく為に必要な小道具も間もないのだ。

そんな感じでぱっぱとストーリーだけ進んでいかれても、こっちは置いてけぼり。
高尾が亡くなる場面だって、「え?あ、死んだの?」というくらい呆気無い。
本来ならあそこは一つの山場ではないのだろうか・・・。

最後に桜が咲いた場面も、あの桜が咲く事の重要度が薄いせいで「咲いたけど、だから?」と言いたくなる。何故薄いのかというとあの桜の木ときよ葉との関係性の深さを描けていないから。
あんな終わり方って・・・。とにかくストーリーがありきたりなうえに薄すぎるよ・・・。表現力なさ過ぎだよ・・・。

ストーリーがひどいのもさることながら、伝えたい事をセリフで何でもかんでも言わせ過ぎ。
そのまんまじゃんっていう。
遊女と金魚の関係というのも、もっと暗示的に使ったら素敵だったのに。
説明が多すぎる。

そして、音楽の扱い方が下手過ぎて、違和感を持ちっぱなしだった。本来映画の後ろでそっと寄り添うべき音楽が、全面に出過ぎていたり。PVですか?と言いたくなる。
あの一寸唐突な音楽のいれ方は、椎名林檎の「百色眼鏡」っぽい。
もしかして参考にしたんだろか。
でも、椎名林檎のはあくまで「音楽」が主役だし短編だからあれでありなわけで・・・。

蜷川実花は映画監督ではなく美術担当かなにかをやって、まともな監督を起用したら、もっともっと素晴らしい作品に化けたであろうものすごく勿体ない作品。
椎名林檎の音楽で、蜷川実花による極彩色の花魁の世界を繰り広げること自体は素敵だと思うから。

蜷川実花はやはり美しい静止画をつくることに長けた人であって、映画の人ではない。
そう強く感じた映画。
ストーリーや演出★1つ、色彩と菅野美穂★4つ、だから★2つとしておきます・・・。

応援のクリックお願いします

|

« パリへの道 | トップページ | 展覧会評一覧追加 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ぐふ。やっぱり。
アナタもこう見ると思ったワ。

投稿: snow | 2007/10/16 00:37

うん、ほんと久々にストーリーや演出がひどい映画を観たなぁって思った(笑

投稿: *yuka* | 2007/10/16 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/8422087

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「さくらん」:

« パリへの道 | トップページ | 展覧会評一覧追加 »