« パリ旅行記専用ブログ、スタート | トップページ | ハニージンジャージャムと蜂蜜の話 »

2007/10/18

映画「乱歩地獄 」

Rampo3_2 乱歩地獄
★★★☆☆
監督:竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシ
出演: 浅野忠信、 松田龍平、 成宮寛貴
原作:江戸川乱歩

映画の詳細情報はこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以前、映画館で観たもの。

「火星の運河」 「鏡地獄」 「芋虫」 「蟲」
の4つの短編からなる映画。

「世にも美しいスウィートな地獄」というキャッチコピー通り、映像美を楽しむ映画というかんじ。江戸川乱歩の原作を読んでみたくなった。
ただし、美しいだけではなく、気持ち悪いところや痛々しいところも結構あるので好みが別れるかもしれない。

Rampo2_3「鏡地獄」以外はストーリーらしいストーリーがない印象。
クラシックなミステリーというかんじなので、こういう雰囲気が好きな人にはおすすめ。
でてくる小物とか建物とか結構私のツボ。特に「蟲」にでてくるインテリアがよかった。

ただ、チラシで期待したほどの「美」がないのが残念だった。
チラシに使用されているピエール・ジョセフ・ルドゥーテの薔薇の絵と鮮やかな色 、豹柄の組み合わせが毒々しくて好きだったんだけど、そういう雰囲気を思わせる場面はなかった。

まぁ、トータル的には結構好きなタイプの映画だったので、とりあえず観てよかった。

多分、もう一回くらい観ないと深いところまでわからない気もする。

応援のクリックお願いします

|

« パリ旅行記専用ブログ、スタート | トップページ | ハニージンジャージャムと蜂蜜の話 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/8492512

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「乱歩地獄 」:

» 乱歩地獄 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
江戸川乱歩の作品、「火星の運河」「鏡地獄」「芋虫」「蟲」の4話をオムニバス形式でまとめた作品です。 江戸川乱歩の小説世界の魅力は、何と言っても、妖しさ、夢とも現とも思える現実と非現実を彷徨うような不思議さ、人間の心理の奥底に隠されたドロドロした薄暗い欲望、深... [続きを読む]

受信: 2007/10/18 23:53

« パリ旅行記専用ブログ、スタート | トップページ | ハニージンジャージャムと蜂蜜の話 »