« 羽雲 | トップページ | 癒しのドビュッシー »

2007/02/24

レントゲンだよストレートネック

レントゲンを撮った。

機械の前に立って、正面と横でパチリ。

私はいわゆる「ストレートネック」
正常な頸椎は湾曲をしていないといけないのだけれど、「ストレートネック」とは湾曲が足りない状態。
頚椎の生理的前湾角度 30度以下 の首の状態。
私の場合、湾曲が足りないとかいうレベルじゃなくて、潔いといいたくなるくらいの真っ直ぐさ。
「生まれつきこういう人もいるからね〜」なんて先生は言うのだけれど・・・。

お陰で、仕事が立て込むとよく悪化する。
肩こりっていうレベルじゃなくて
・肩が凄く痛い
・腕を動かしにくい
・頭痛
・目眩
・ふらふらくらくら
といったかんじで日常生活が辛くなるので、時折整形外科に行く。
普段、姿勢は決して悪くないと思うのだけれど、1ピクセル単位で画像の調整をしているとどうしてもねー・・・。

整形外科では首を牽引したり、患部に電気を流したりしてくれる。
そして痛み止めの薬と軟膏をもらう。
骨のカーブは整体で治ったりするのかなぁ。

自分の骨を見るのって、不思議だ。
このぷよぷよした私のお肉の奥には、こんなものが〜と。
骨には表情も無駄もなくて、まるで緻密な製図のよう。
神様によって計画的につくられた芸術作品のようでもあり、
それが脂肪や皮にくるまれてこっそり隠れて私と一緒に行動しているなんて。
自分の中に別の生物がいるみたいだ。
というか、むしろ私って?
ふと気付くと「ほえ〜」と思ってしまう。

日常生活って、こういう
「あらためて気付くとほえ〜」
がたくさんある気がする。

今日、帰宅途中に月を見たのだけれど、
「ああ、私って地球っていう惑星の1つにいるんだよなぁ。月があるあそこはもう宇宙なんだよなぁ」
と、自分の視点は遥か宇宙まで飛んで
毎日の仕事とかミクロの世界のことに感じて
新宿駅の目の前で ひとり ほえ〜としていました。
・・・変な人・・・(汗

あなたにもそういうことありませんか?

|

« 羽雲 | トップページ | 癒しのドビュッシー »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽雲 | トップページ | 癒しのドビュッシー »