« センセイの鞄 | トップページ | メゾン・ド・ヒミコ »

2006/10/08

正夢の話

学生の頃、 私はこんな夢をみました。
夢の中で、私は当時ファミレスのバイトが一緒だった年下の女の子に話しかけられていました。

「yukaさん、今度の日曜日、シフト代わってもらえませんか?」
「ごめん、学校の課題があるから無理なんだ」

夢の中で話していた子には、今までシフトを代わってくれなんて言われたことはなく、
だったら「いいよ」って言ってあげればよかったのですが
夢の中の私は、実際に抱えていた課題の事が頭をよぎり
断らざるをえなかったのでした。
なんてことのない会話でしたが、
起きた後、「妙にリアルな夢だったな〜」となんだか変な気持ちでした。

翌日、バイト先でその子、Iちゃんに会いました。
夢のことを話そうと思い、
「昨日夢にIちゃんがでてきたんだよ」
と言おうとしたその時に、Iちゃんは私にこう言いました。
「yukaさん、今度の日曜日、シフト代わってもらえませんか?」

・・・・・・
えええ!?全く一緒なんだけど!!!!!
一言一句違いませんけど!!!

「ねぇ、ねぇ、!!!夢でも全く同じこと言われたよ!」
1人息巻く私をIちゃんは不思議そうに見ていました。
いや、もっと「はぁ?何言ってんの」くらい、怪訝そうな顔でした。
そりゃそうだ。
話しかけたら、いきなり「この場面夢でみた!!」とか言われたら
「こいつイタイ」
と思うでしょう。

ちなみに、本当に課題を抱えていたため、シフトを代わることはできませんでした。
まさに夢の通りでした。

ここまで完全一致の正夢は後にも先にもこれっきりです。
でも、このことがあったことで、私は「正夢」の存在を立証できてしまったのです。
Iちゃんが、「明日バイトで会ったら言おう」と念でも送っていたのでしょうかね。

どうせなら、もっと予知して得するようなことを
予知してくれればよかったのにね、とは思います。

正夢って本当にあるんだね〜!という方はクリックお願いします

|

« センセイの鞄 | トップページ | メゾン・ド・ヒミコ »

「夢」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/3730885

この記事へのトラックバック一覧です: 正夢の話:

« センセイの鞄 | トップページ | メゾン・ド・ヒミコ »