« バードメン | トップページ | 神代植物公園:秋のバラフェスタ(1) »

2006/10/16

風化する女

「風化する女」
木村紅美
文學界新人賞受賞作
★★★☆☆
突然亡くなってしまった会社の先輩れい子さん。
後輩の私が記憶の中で存在を反芻しながら、現実の世界でれい子さんの軌跡を辿り、れい子さんの知らない面を知っていく話。

無駄のないよくまとまった話で、とても読みやすい。
亡くなっているれい子さんの存在がくっきりと浮かび上がってくる。

ただ、読み終わった後のいわゆる「後味」がさっぱりで、あくや癖がない。
「何かいいもの読んだな」という気はするのだけど、それ以上の印象を与えない。
もしかしたら、読み返すごとに味を増すタイプ?
タイトル通り、この作品の印象も風化してしまいました・・・。

文章はうまいし好きなタイプではあるので、次の作品も読んでみたいとは思う。

よかったらクリックお願いします

|

« バードメン | トップページ | 神代植物公園:秋のバラフェスタ(1) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/3821564

この記事へのトラックバック一覧です: 風化する女:

« バードメン | トップページ | 神代植物公園:秋のバラフェスタ(1) »