« 雪の華 | トップページ | 浮き世でランチ »

2006/10/15

不思議の国のペニス

111不思議の国のペニス
羽田圭介
文藝賞受賞第一作

おたくの街Aにあるアダルトグッズショップに通う主人公。
合コンで知り合ったナオミとSMならぬSSプレイはするが、心が通いあえずに悩む。そんな時、友人たちが主人公がナオミにいいところを見せられるようにとバンド結成を企画する・・・といった話。

新人賞受賞作「黒冷水」はあくが強く好き嫌いが別れるものだったけれど最後まで読ませる力があった。でも今回のこの作品は、はっきりいってつまらない。おたくの街A(おそらく秋葉原)やアダルドグッズショップ、SSプレイなど濃いアイテムを散りばめてはいるけれど、どれもストーリーとの絡め方が浅い。女子高生も画一的でリアルじゃない。バンド結成という青春ものによくありがちなエピソードもストーリ−全体からは浮いている。なんか油が強いだけでちっとも美味しくないジャンクな料理を食べちゃった印象。

|

« 雪の華 | トップページ | 浮き世でランチ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の華 | トップページ | 浮き世でランチ »