« 映画「真昼の暗黒」 | トップページ | 初めての方へご説明 »

2004/08/31

ユーリー・ノルシュテイン作品(ラピュタ阿佐ヶ谷)

Hanashi_2

ラピュタ阿佐ヶ谷で、観たかった、ノルシュテイン作品(映画)を観ることができた。
上映作品は以下の4つ。(各説明文は映画館のサイトより)

『25日・最初の日』
1968年/12分/カラー

1917年10月のロシア革命最初の日。モノクロの静かな広場に民衆の怒りが赤い怒涛となって疾走する。A・トーリンと共同で演出したノルシュ ティン27歳の初監督作品。

『ケルジェネツの戦い』
1968年/12分/カラー

西暦988年キエフ公国軍による国家統一。勝利の裏にある悲惨、悲しみを描く。旧ソビエトのアニメの創始者イワン・イワノフ=ワノーとの共同監督 作品。

『アオサギとツル』
1974年/10分/カラー

忘れられた野原の古い館の廃虚に鷺と鶴がいる。お互いが好きだが、命がけの想いというほどではない。やさしくしては失望し、すげなくしては後悔 し……お互いの心の波長とタイミングがいつもちょっぴりズレるのだ。終わらぬ恋のゲームは不完全燃焼のまま、秋風が吹き、雨が来る。

『話の話』
1979年/29分/カラー

つぶやくような子守唄。それに呼び出された狼の子。狼の子はおぼえている。廃屋に大勢の人が平和に住んでいた時代、街灯の下で男女がタンゴを踊っ た時代、男たちが戦場に奪い去られた時代…。忘れ去られた時をこのアニメは詩としてうたう。幻想的であり強烈なリアリティ。

----------------------------------------------------

ノルシュテインの作品は、切り紙を使った独特の手法がとられている。だから、平面なのに立体的という、不思議な味がある。

4作品観たが、中でもとりわけ好きだったのが「話の話」。
ストーリーらしいストーリーはなく、詩や夢の世界を途方も無く彷徨っている感覚におそわれる。

母親のおっぱいを飲む赤子を、つぶらな瞳で見つめる、灰色狼の子。
縄跳びを回し続ける大きな牡牛。
タンゴを踊る男女。
空を舞う戦死通告。
青林檎を食べる子供とアルコールを飲み続ける父親。
狼の子を不敵な笑みで見つめる詩人。
泣き止まない赤子。

灰色狼の子供がひどく愛らしい。
ちなみに、狼の子の瞳は、溺れたところを救出された猫の瞳を参考につくられたらしい。

幻想的なだけではなく、狼の子が燃やす焚き火の炎や、焼きたての芋の様子、流れ落ちる雫など、ひどくリアルなところもある。

ノルシュテインがつくるアニメは、一場面一場面を切り取れば立派なアートになっている。
アートが動く。
目まぐるしく、心を打つ情景が流れていく。
初めて見る場面なのに、涙が滲むくらい懐かしい。

この作品は1度観たくらいでは理解することが難しい。
咀嚼し、反芻してもわからないかもしれない。
わかることではなく、味わうことが大事な作品のような気もする。
それだけ深く広がる世界観を持っている。

もっと知りたい、もっと味わいたいと思う作品。

ユーリー・ノルシュテイン作品集詳細はこちら

|

« 映画「真昼の暗黒」 | トップページ | 初めての方へご説明 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158210/33672299

この記事へのトラックバック一覧です: ユーリー・ノルシュテイン作品(ラピュタ阿佐ヶ谷):

« 映画「真昼の暗黒」 | トップページ | 初めての方へご説明 »